心理カウンセラーの現状と将来性

チャンスが増えている反面、厳しさも

いまや、心理カウンセラーという仕事は特別なものではなくなっています。

病気になったら内科などの病院にかかるように、心に不安を覚えたらカウンセリングを受けるという考え方が徐々に世の中に浸透し始めており、学校、病院、一般企業、福祉施設など、さまざまな場所で心理カウンセラーが必要とされています。

しかしながら、心理カウンセラーの社会的な立場はまだ確立されきっておらず、就職状況も厳しいものとなっています。

その大きな理由のひとつとして、心理カウンセラーには現在のところ国家資格がなく、たくさんの民間資格が乱立する状況となっていることが挙げられます。

なかには「臨床心理士」といったように専門性が高い資格もありますが、正社員や常勤の求人は決して多くなく、ある程度の経験を積んだ心理カウンセラーでも、非常勤としていくつもの職場を掛け持ちしながら生計を立てているというケースは珍しくありません。

臨床心理士の仕事

活躍の幅が広がっている反面、安定した待遇の下で働けるのは一部の人になっていることは否めません。

専門性を高める努力が必要

心理カウンセラーを本業としていなくても、教師、看護師、ホームヘルパー、ケアマネジャーなど、別の職業に就く人が心理学の知識やカウンセリング技術を業務に生かすということもよくあります。

もはや「人と関わる仕事」すべてにおいて、カウンセリング的な内容が含まれるといえるでしょう。

価値観の多様化によって選択肢が増えた一方、「生きづらさ」を感じて苦しんでいる人も増えているといわれる現代社会。

このような時代の中で活躍する心理カウンセラーには、さまざまな価値観を柔軟に受け入れながらも、各領域において高い専門性を発揮し、一人でも多くの人の悩みを解決に導く本物の力が求められています。

心理カウンセラーの仕事が一般的に認知され始め、目指す人も増えているからこそ、薄っぺらい知識ではない、確かなものを身につけていく努力を惜しまないことが成功のための重要なポイントとなるでしょう。