心理カウンセラーになるための学校(大学、専門学校、スクール)

大学の心理系学部

心理カウンセラーになるために、絶対に通わなくてはならない学校はありません。

ただし、いざ現場に出る際には心理学の専門知識とカウンセリング技術が求められるため、基礎から体系的に心理学を学ぶことは決して無駄にはならないでしょう。

心理学を学べる学校としては、まず大学の心理系学部・学科が挙げられます。4年制大学が中心ですが、なかには短期大学でも心理学の基礎を学べるところもあります。

心理学部や心理学科のほか、教育学科、社会福祉学科、人間福祉学科などにおいても、心理学について学ぶことは可能です。

ただし、心理学といっても臨床心理学、教育心理学、犯罪心理学など、さまざまな分野に分けることができます。

将来、進みたい方向性がある程度決まっているのであれば、それに関連する講義が多く設置されていたり、著名な教授が在籍しているような大学を選ぶとよいでしょう。

なお、数ある民間の心理系資格のなかでも、最も専門性が高いとされる「臨床心理士」の取得を目指すのであれば、基本的に臨床心理士の指定大学院もしくは専門職大学院へ進学をする必要があります。

指定大学院と専門職大学院を受験するためには、一般的に「大卒(卒業見込み含む)」以上の学歴が求められます。

大学の学部・学科はとくに問われませんが、心理学の単位や卒業論文などの要件を満たさなければ受験できない大学院もあります。

臨床心理士の仕事

専門学校・スクール

体系的に心理学を学びたいのであれば、やはり大学や大学院に進学するのがベストな選択肢だといえます。

しかし、大学に通うほどの時間やお金を割くことができない場合には、心理カウンセラーに関わる専門学校や民間のスクールも視野に入れてみるとよいでしょう。

専門学校は2年制のところが多く、学校によってだいぶ特色が異なります。

心理カウンセラーとしての基礎はもちろん、福祉の現場でよく必要とされる「認知行動療法」や「音楽療法」などを専門的に学ぶことができるコースを置く学校もあります。

民間のスクールでも、さほど時間をかけずに心理カウンセリングの基礎や実践について学んだり、資格取得に向けて勉強することができます。

さまざまな学校を比較して、自分に合ったところを選んでください。