視能訓練士の志望動機・例文

視能訓練士専門学校の志望動機

視能訓練士養成の専門学校などに入学するための志望動機には、(1)「なぜ視能訓練士を目指すの」かと、(2)「なぜその学校を選んだのか」を書きます。

日本には、医療関係の仕事が数多くあり、視能訓練士以外にも眼科に関係する職業は多くあります。「なぜ視能訓練士を目指すのか?」は、「なぜ、看護師や眼科医や他の医療関係職ではなく、視能訓練士を選んだのか?」と解釈し、志望動機を書きましょう。

視能訓練士になるためには視能訓練士養成施設に通わなければならず、視能訓練士養成施設は厚生労働省の認可のもとである程度統一されたカリキュラムが組まれているため、「学校内で何を学びたいか」に関してはそれほど差がでないでしょう。

視能訓練士就職時の志望動機

志望動機を読んだ人が「この人と一緒に働いたらよさそうだ」と思えることが目的ですので、志望動機を書くにあたってはある程度の建前も必要です。

これは、視能訓練士として大切な社会適応能力を試す最初の場所だと考え、より自分が受け入れられやすい文章を考えます。

手書きの場合は可能な限り丁寧で綺麗な字で書きましょう。誤字や脱字に注意し、そそっかしいイメージを与えないようにすることも大切です。

各病院での面接時には、「どうしてこの病院を希望するのか」と聞かれることが多いようです。「とりあえず受けた」と思われない事が第一目標です。

特に職場をうつる場合は、「前の職業が合わなかったから」などのネガティブな内容は書かず、なぜ今の職業を辞めるのかと合わせて、今までの社会経験は応募する職場でどう生かせるのかを書きましょう。