社会保険労務士の採用・募集状況

代表的な就職先は「社会保険労務士事務所」

社会保険労務士を積極的に採用している企業や団体は、大きくわけると3つあります。

社会保険労務士事務所や法律事務所

ひとつめは、社会保険労務士事務所や法律関係の事務所です。

これらの事務所は、労務や人事に関するプロフェッショナルである社会保険労務士が集まって働いている組織であり、クライアントからの依頼に応じて労務関係の相談にのったり社会保険の手続きを代行したりします。

ただし、規模の小さい事務所が多く、求人が多いというわけではないため、地道に就職先を探すことが必要になります。

コンサルティング会社

ふたつめが、コンサルティング専門の企業です。

社会保険労務士ならではの専門知識を生かして、クライアントの雇用対策や就業規則制定の指導をすることで、企業の経営をサポートするのが仕事です。

一般企業

さらに、一般企業でも社会保険労務士が活躍しています。企業の総務部や人事部では、従業員の健康保険の手続きや育児休暇の制定など、労務や人事に関する専門知識が必要な業務がたくさんあります。

こうした場合に、社会保険労務士事務所に仕事を外注するよりも、社会保険労務士の資格保持者を自社の社員として雇ったほうがコストを抑えられることも多いです。

そこで、社会保険労務士の資格保持者を総務部や人事部に配置するために、積極的な採用活動をしている企業も多数あります。

人気職ゆえの厳しい競争も

社会保険労務士は、近年、幅広い世代の人たちがめざす職業のひとつとなっています。

年金記録紛失の問題や「派遣切り」の問題などで社会保険労務士の役割の重要性に注目が集まったことや、不況に強いとされる専門職であることから、転職などで社会保険労務士をめざす人が増えています。

社会保険労務士をめざす人が多いぶん、就職の際の競争も激しくなっています。

同じ社会保険労務士の資格保持者のなかでは、まったくの未経験者よりも、総務部や人事部で何らかの業務に携わってきた職歴がある人のほうが採用に有利になることもあります。

社会保険労務士は、ただ資格を取れば安心という仕事ではありません。就職活動の際にアピールできる職歴や能力を見つけておくほうが転職がスムーズにいくことは間違いないでしょう。