社会保険労務士になるには

試験には「受験資格」が必要

社会保険労務士になるためには、社会保険労務士の国家試験に合格しなければいけません。

しかし、この試験は誰もが受けられるというわけではなく、受験資格として「学歴」「実務経験」「その他の国家試験合格」のいずれかひとつを満たす必要があります。

それぞれの項目について具体的に見てみましょう。

学歴について

・大学・短期大学・高等専門学校を卒業した人
・上記の大学(短期大学を除く)において62単位以上を修得した人
・修業年限が2年以上で課程の修了に必要な総授業時間数が1700時間以上の専修学校の専門学校を修了した人

がおもな対象者になります。

これ以外にも、全国社会保険労務士会連合会の個別の受験資格審査により、学歴を満たしていると認められる場合があります。

実務経験について

・社会保険労務士や弁護士の業務の補助に従事した期間が通算3年以上になる人
・国や地方公共団体の公務員として行政事務に携わった期間が通算3年以上になる人
・労働社会保険諸法令の規定に基づいて設立された法人の役員や従業者として実施事務に携わった期間が通算3年以上になる人

がおもな対象者になります。

その他の国家試験合格について

・厚生労働大臣が認めた国家試験に合格した人
・司法試験第一試験または高等試験予備試験に合格した人
・行政書士の資格を持っている人

がおもな対象者になります。

社会保険労務士試験の受験資格

合格後も実務が必要

このような受験資格を持っている人が社会保険労務士の国家試験を受験し、まずは試験合格をめざします。

合格率は10%前後となり、難易度は高めといえるでしょう。独学での合格も可能ですが、資格試験のスクールや通信教育などで学習することが一般的です。

社会保険労務士試験の難易度・合格率

しかし、試験に合格したらすぐに社会保険労務士になれるというわけではありません。

2年以上実務を経験して指定の講習を受けることで、ようやく社会保険労務士として登録して働けるようになります。

就職について

資格取得後は、社会保険労務士事務所への就職をめざす人も多くいますが、それらは小規模の事務所が多く、求人は少ないのが現状です。

企業内で働きながら資格を取得する人も多い資格です。企業内や社会保険労務士事務所で経験を重ね、開業をめざす人も数多くいます。

社会保険労務士に求められる能力

複雑な手続きや計算をしなければならないため、几帳面で事務処理能力と計算能力が高いタイプが向いているといえます。

法改正が多い分野であり、つねに勉強することが必要です。勉強が苦でない性格でないと続けることは難しいでしょう。

現状と今後の見通し

少子高齢化が進み、年金問題が深刻になってきています。法改正が随時行われており、年金の仕組みが複雑でわかりにくいものになるなかで、社会保険労務士に対する期待は高まっています。

一方で、近年社会保険労務士の受験者数は急増しており、仕事を獲得することが簡単ではない状況になりつつあります。

社会保険労務士登録者数

社会保険労務士の登録者数は年々増加を続けています。平成25年9月時点の社会保険労務士登録者は前年よりも884人増加し38,231人となりました。
社会保険労務士登録者数の推移_25