精神保健福祉士の現状と将来性

時代とともに職域が広がっている

精神保健福祉士は、もともと精神障害者やその家族とのやりとりを中心に行う仕事として認知されていましたが、近年は、社会全体が抱える「心の問題」という大きなテーマにに取り組んでいくよう、さらに積極的な活動が求められています。

とくに、現在は生活支援サービス分野における精神保健福祉士の役割が大きくなっています。

その例として、グループホームやケアホーム、生活保護法で設置される救護施設や、児童福祉法でいう児童養護施設などが挙げられます。

高齢化社会の進展により介護や福祉のニーズが高まる今、精神保健福祉士は、このような施設での精神保健を専門的にサポートしています。

また、ハローワークや教育機関、さらには一般企業で働く人向けの「ストレス対策」や「メンタルケア」を目的に、精神保健福祉士が活用される流れも生まれています。

精神保健福祉士の職域は、今後もますます広がっていくものと考えられます。

今後も大きな期待が寄せられる精神保健

かつての精神保健福祉サービスは、一般の人から遠く離れた存在で、いざ利用しようとしても窓口にたどり着くのも難しい時代がありました。

そこで、1999年、精神障害福祉を市民に近づけられるよう市町村に担当窓口が設置され、人々に広く利用されるように変わってきています。

また、精神障害というものを社会から隔絶してきたことへの反省から、ますます精神障害者の社会復帰を後押しし、雇用と福祉を結びつけて、精神障害を持っていても仕事をできる場を増やす政策も登場しています。

精神科病院と社会との間でワンクッション置くことができるよう、生活訓練施設や授産施設といった社会復帰施設も充実してきています。

このように、社会のなかで精神障害者が生活していけるような流れが進んでいるなか、その人たちを専門的にサポートする精神保健福祉士の役割は、各所でますます大きくなっていくといえるでしょう。

仕事体験談