結婚、子育てしながら生活相談員はできる?

勤務先によって忙しさは異なる

男性も女性も同じように活躍している生活相談員という仕事。しかし、いざ結婚や出産後の子育てのことを考えてみると、家のことと仕事を両立して長く続けていけるのか心配になる人も多いでしょう。

「生活相談員は結婚や子育てをしながらできるのか?」という問いに対する答えは、ひとことでいえば「勤務先による」といえます。

というのも、生活相談員の業務範囲がどの程度かというのは、施設によってだいぶ異なっているのが実情だからです。

複数の生活相談員が在籍する施設であれば仕事が分業されていることも多く、利用者との相談業務や手続き業務等に集中することができます。

また、お互いに協力し合うことで休みをとったり、早く帰ったりすることもしやすいでしょう。

しかし、施設によっては職員全体の人数が少なく、生活相談員が介護職員と同じように利用者の介護業務に携わったり、送迎まで兼務したりすることもあります。

こうなってくるとどうしても仕事量が増えがちで、残業しなくてはならないということも出てくるようです。

もちろん、介護業務を兼務する生活相談員でも定時で上がれることもありますから一概にはいえませんが、結婚や子育てと仕事を両立するとなると、よく勤務先を選ぶ必要が出てくるでしょう。

多様な働き方ができる可能性がある

たいていの施設では、きちんと産休や育休の制度を整えているようです。実際に取得している先輩スタッフがいるかどうかを確認しておくとよいでしょう。

また、育児中は常勤で働く正社員や契約社員でなく、パートなどの形に切り替えて短時間のみ働くということもできます。

パートでの採用があるかどうかは施設によりますが、それまで働いていた勤務先と相談することによって、出産後はワークスタイルを替えて仕事を続けているという人もいるようです。

生活相談員は経験が重視される仕事だからこそ、それなりのキャリアを築いてきた人は施設側もぜひ残ってほしいと考えます。

結婚や子育てをするからといって、仕事を辞めなくてはならないとあきらめる必要はありません。

自分の希望に沿った働き方ができるよう、よく勤務先と話し合ってみるとよいでしょう。