作業療法士になったきっかけ

「作業」を治療に利用するところに魅力を感じた 私が作業療法士になろうと思ったきっかけは、作業療法が「作業」そのものを治療に利用することがわかり、その点に興味を持ったからです。 具体的にいうと、リハビリテーションの一環とし … 続きを読む

作業療法士のやりがい

日常的な活動を訓練に取り入れること 作業療法士が実施するリハビリテーションは、なかなかすぐに結果が出ないこともあります。 とくに精神領域になると効果がすぐに表れるほうが少なく、その効果も目に見えるものではないため、患者さ … 続きを読む

作業療法士の苦労

何をしているか説明するのが大変 作業療法士は、医療関係者にはよく知られている職業ですが、一般の人には「何をしているのかよくわからない」と思われがちなようです。 たとえば「美容師」や「書店員」といったように誰もがすぐにイメ … 続きを読む

作業療法士の仕事で大切にしていること

すべての人が同じ考えでなくてもよい 作業療法士として働いていると、どうしても「こうでなければいけない」「こうしなければいけない」という特定の考え方に捉われてしまうことがあります。 しかし、決してそこまで何かに縛られる必要 … 続きを読む

作業療法士を目指す人へメッセージ

自分がなりたい作業療法士の姿をイメージしよう 作業療法士になろうと思っている人は、すでに作業療法士になってからの自分をうまくイメージできている人も、そうでない人もいるでしょう。 イメージできている人はそのイメージを大切に … 続きを読む

作業療法士の新人時代に大変だったこと

私の新人時代 新人の頃を振り返ってみると、先輩の後を必死についていきながら、患者さんやご家族と接していました。今考えると、勉強させてもらったことの方が多いと思います。 どんな子どものリハビリをしているか 私は大学病院のリ … 続きを読む

仕事体験談