パタンナーの勤務時間・休日

納期前は厳しい

勤務時間、休日ともにパタンナーだからといって特別な条件はありません。

夜勤や交代制の勤務を必要とはしないので、パタンナーの勤務時間は勤務先によって多少の差はありますが、始業は9時前後で、終業は17時前後です。

正午付近には昼休みも設定されているので、いわゆるサラリーマン勤務です。

始業時間や就業時間が変則的な時間帯になっている会社はあまりありません。

ただし、これはあくまでも募集要項に出ている上での話であって、実際には長時間勤務になったり、休日出勤になることも少なくありません。

納期に合わせるために、残業をしなければならないことも多々あるでしょう。

年間休日は120日前後

毎週の休日は土日で、祝日がある時はその日も休日というのがほとんどです。また夏期と冬期にはそれぞれ3〜5日程度の休暇があるというのも、標準的です。

これらを合計すると年間休日は120日前後になるので、一般的なサラリーマン勤務と同じ待遇です。

ただし、ファッション・アパレル業界には繁忙期があるので、そういった時期は週休が少なくなるということが募集要項に記載されている会社もあります。

仮に記載されていなくても繁忙期はほとんど休めないという会社が多いのが実情です。

また、ファッションの感性を磨くために、休日も外に出て勉強する人が多いようです。

募集要項を鵜呑みにしない

パタンナーに限らず、ファッション・アパレル業界に関連する仕事では募集要項などに記載されている額面をそのまま鵜呑みにしないほうがよいといわれています。

就業時間が17時と記載されていても残業をする日が多かったり、土日祝日が休日と記載されていても実際には休日出勤をしていることもあるというように、なかなか額面通りの勤務時間、休日にはなっていません。

納期がある仕事だという事情もありますが、店舗を運営している会社については週末になっても会社全体が休日になっているわけではないので、本社も事実上動いているということも関係しています。

とくに企業規模が小さい場合には、労働規則が守られていないことも多いので、気になる人は就職前にしっかりと確認しておいたほうがよいでしょう。