パティシエに向いている人、適性

パティシエを目指す人のほとんどは「お菓子作りが好き」であるはずです。

目標に向かううえで、好きな気持ちを持ち続けるのはとても大切なことですが、ここでは、それ以外でパティシエに向いているタイプについて挙げていきます。

体力・根性がある

パティシエは、基本的に仕事中はずっと立ちっぱなしです。座りながら生クリームをかき混ぜている人はいません。さらに30キロ程度もある重い食材や鉄板なども、当たり前のように運ばなければなりません。

小柄な女性も活躍するパティシエですが、実はイメージ以上に力がいる仕事です。

また、パティシエにとって朝から晩まで同じ商品を作ったり焼き続けたりするのは、当たり前の日常です。

正確に分量や時間を測る几帳面さや、一日中工房の中で単純作業を続ける忍耐強さが求められます。何をやっても集中できず、すぐに音を上げてしまうような人には厳しい仕事といえるでしょう。

さらに、この業界は外から見ていると華やかな業界に見えますが、実際は料理人や板前と同じく職人の世界です。厨房では男女関係ありませんし、未熟なうちは上司のシェフやパティシエに叱られることもあります。

体力に根性、そして情熱が備わっていなければ、続けることが難しいかもしれません。

美的センスがある

パティシエの仕事のうち、最も世間の目に触れるのが商品や作品です。

味が良いことは当然求められますが、盛り付けや飾り付けの芸術的な出来映えで、パティシエの評価が左右されるといっても過言ではありません。

基礎的なスキルが備わっているパティシエは重宝されますが、「人と同じ」ものを作ることしかできなければ、なかなか評価されるのが難しい世界でもあるのです。

そのため、人の琴線に触れるような感性を常に磨いていられるような人、創造力を発揮できるような人は、パティシエに向いているといえるでしょう。

学校に行けばある程度の知識と技術は身につき、どこのお店でも業務に対応することはできます。

しかし、「美的センス」は本人の感性や培ってきたものが大きく反映されるため、学校で勉強をすれば身につくというものではありません。

仕事以外の時間において、美しいものにたくさん触れたり、心を豊かにするためにさまざまな経験をしたりと、自分なりに感性を磨く努力が求められます。

仕事体験談