パティシエのつらいこと、大変なこと、苦労

パティシエの世界は華やかに見えますが、非常に地味で「大変だ」と感じるであろう面も持ちあわせています。ここでは、パティシエの苦労を紹介していきます。

一人前になるまではなかなか稼げない

多くのパティシエが嘆いているのが、給与の少なさです。朝は早く、仕込みや時期によっては深夜に帰宅することもあるなど勤務時間は長くなりがちですが、それに見合った給料が得られるとは限りません。

企業などに勤めるパティシエの場合、30歳代であっても、一般的なサラリーマンの初任給程度にしかならない場合がほとんどです。

さらに、大手チェーン企業の商品開発などのポストでない限り、ボーナスをもらえることもあまりありません。

こういった理由から独立を目指す人も多いわけですが、たった2〜3年で独立して成功できるほど甘い世界でもありません。

歴が浅いうちは「修業している」という感覚でいなければ、継続していける仕事ではないといえるでしょう。

好きな物ばかりを食べられない

パティシエとして一番大切なことは「味覚」です。

研ぎ澄まされた味覚が無ければ、微妙な味の差が分からず仕事に支障をきたします。

ジャンクフードから高級食材まで、ひと通りは食べて味の違いを知っておく必要があるでしょうが、日常的に濃い味の物ばかりを食べていたり、暴飲暴食をすることは、「味覚を整える」点でよいとは言えません。

一流のパティシエになることを目標としている人は、刺激物や臭いの強い物などをできるだけ避けて体調管理をしています。

好きなものを好きなだけ食べられないことをストレスに感じて、耐えれなくなるような人にはつらいかもしれません。

とにかく傷が絶えない

パティシエを取り上げるテレビ番組では、美しいデコレーションなどを施していく、いわゆる「見せ場」をよく放送しています。

もちろん、そういった作業も仕事の一部ですが、実際は200℃を超えるような鉄板で一日中生地を焼いたり、鋭利な道具を使って細かい作業を繰り返すといったことが多いのです。

男性はもちろん、女性だろうと業務内容に差はありません。職場で男性が気を遣い、率先して重い物を運ぶこともあるでしょうが、忙しい時や職場によってはそんなことを期待してはいけません。

女性であっても、重い鉄板で腕を火傷してしまうなど日常茶飯事です。女性のパティシエの中には、こういった事情を知らない人に驚かれないよう、夏でも長袖を着なくてはならない苦労もあるそうです。

他にもさまざまな苦労があるパティシエですが、お客さまに心から喜んでもらえたり、苦労を共に分かち合う仲間ができたりと、お金には変えられない喜びも多くあります。

苦労も将来のためと考え、前向きな気持ちで努力を続けていくことが必要です。

仕事体験談