女性のパティシエ

「スイーツが大好き!」という女性はとても多いですよね。街のケーキ屋さんやおしゃれなスイーツショップ、そしてデパ地下の洋菓子売り場は、いつもたくさんの女性客でごった返しています。

もはや女性にとって欠かせないものといえる洋菓子ですが、洋菓子を作るパティシエといえば、女性より男性のほうがまだまだ多いようです。

ここでは「なぜ女性のパティシエが少ないのか」という理由の考察も含め、女性パティシエの活躍について紹介していきます。

女性が「大変」と感じることとは?

なぜ女性パティシエが少ないのか、その一番の理由は体力面の問題にあるといわれます。パティシエは、その華やかなイメージとは裏腹に、心身ともにかなりハードな生活を送ることになります。

まず勤務時間ですが、早朝(朝6時ごろ〜)に出勤し、当日販売するお菓子を作り始め、日中はずっとお菓子を作り続けます。

そして、ようやく営業が終わると思っても、翌日の仕込み作業をしてからでないと帰れません。

さらに、パティシエは技術職ですから、日々技術の向上に努めることが大切です。練習や、コンテストに出品する作品作りなども営業後に行うことになります。

すべてが終わって帰宅するのは日が変わってから…ということも珍しくはありません。

繁忙期であれば残業も当たり前のようにありますし、とにかく勤務時間は長くなりがちな仕事です。

また、仕事内容についても大変な面があります。パティシエたちは一度に大量の材料を使って、大量のお菓子を作り上げていきます。生地を練ったり、クリームを泡立てたりする場合でも、かなりの力がいります。

30キロ近くある砂糖や小麦粉の袋を持ち運ぶこともありますし、一日中立ち仕事。家でお菓子作りをするのとはあまりにも異なる環境です。

さらに、厨房ではお菓子の品質を保つためにクーラーをガンガンに効かせることがあり、「冷え」によって体調を悪くしてしまう人もいるようです。

成功を収める女性パティシエも増えている

もちろん、職場によって状況は異なりますし、体力は個人差が大きいですから、人によってはそこまで厳しさを感じないこともあるかもしれません。

厳しさを乗り越えて、第一線で活躍する女性パティシエはたくさんいますし、独立して自分の店を開き「女性目線の店づくり」で成功を収めているオーナーパティシエも増えています。

男性であっても、女性であっても、パティシエの仕事の厳しさを理解せず、漠然と「楽しそう」という気持ちだけで現場に入った場合は、早いうちに音を上げてしまうことが多いようです。

この仕事を目指すのであれば、お菓子にかける情熱があることはもちろん、仕事の実態を理解しようとし、しっかりと体力をつけて下積み時代を乗り切る覚悟が必要だといえるでしょう。

仕事体験談