パティシエになるための学校(大学、専門学校、スクール)

専門学校で何を学ぶ?

パティシエになるにはいくつかの道がありますが、これから洋菓子作りを学ぼうとする人の多くは、製菓専門学校へ進学しています。

製菓専門学校では、お菓子作りの技術はもちろんのこと、食品衛生学や食品学、栄養学、色彩学、菓子デザイン、接客術など、パティシエとして現場に出た時に役立つさまざまなことを学びます。

また、専門学校ならではの豊富な食材、レシピに触れることができるのも特徴です。

資格を取得して就職に役立てる

専門学校卒業生には、実務経験が必要な国家資格「製菓衛生師」の受験資格が与えられます。

この資格はパティシエになるうえで必須のものではありませんが、就職時には有利になることがあります。

この他にも、「食品衛生責任者」「菓子製造技能士」「パン製造技能士」「フードコーディネーター」などの資格を取得することで、就職や独立に役立てることができます。

フードコーディネーターの仕事

もちろん、資格はただ持っているだけでは意味がなく、どう生かすかは自分次第であることはいうまでもありません。

特色は専門学校によってさまざま

製菓専門学校は全国にいくつもあり、学校によってカリキュラムが異なります。

また、製菓専門学校のなかでも洋菓子作りに特化した専用コースを持つ学校と、パン作りや和菓子作りを含めて製菓全体を幅広く学ぶ学校があります。

それぞれには特色と利点があります。

たとえばパン作りや和菓子作りまで勉強しておけば、職人としての知識や技術の幅が広がるほか、実践の場で役立つこともあるはずです。

ある意味「潰しが利く」といった面もあるでしょう。

最近では、本場フランスと同じように、洋菓子と一緒にパンを販売するお店も増えてきました。

社会に出るときに選択肢が広がるという点では、幅広く製菓作りを学ぶのもよいかもしれません。

ただし、「デザート専門の洋菓子職人になる」「ショコラティエになる」などといった明確な目標のある人は、1年、ないしは2年間みっちりと洋菓子だけを専門的に勉強するという道もあります。

ショコラティエの仕事

また、学校によってはチョコレート専門の「ショコラティエ学科」や、洋菓子のなかでも「カフェスイーツ」に特化した学科など、特色のある学科を置く学校もあります。

学校選びの際は、在学中の進路相談、卒業生の就職率なども含めて、その学校の特色をよく見極めて選びましょう。

大学や民間スクールで学ぶ道も

パティシエになるために、特別な資格は求められません。

したがって、専門学校ではなく大学や短大を経て、パティシエになることも不可能ではありません。

もし大学で、少しでもパティシエの仕事と関わることを学びたいというのであれば、栄養学部や栄養学科に進むもよいでしょう。

そこでは洋菓子に限りませんが、幅広く「食」に関する知識を深めることができます。

あるいは、民間の製菓スクールやお菓子教室に通って、少しずつお菓子作りの技術を身につけていくこともできます。

一般的にスクールの場合、専門学校に比べると学べる内容は限られてきますが、費用も抑えることができ、気軽に通いやすいのがメリットといえます。

仕事体験談