ネットワークエンジニアになるための学校(大学、学部、専門学校)

専門的な学校に通う必要はある?

ネットワークエンジニアというと、多くの人は「理系」のイメージを抱くかもしれません。

しかし、実際には文系出身のエンジニアもたくさん活躍しており、どのような学校や学部を出ていても、ITに対する興味や知的探求心、そして勉強する意欲さえあれば、就職してからスキルを身につけていくことも不可能ではありません。

スキルを持ったエンジニアは、まだまだ不足しているといわれます。出身学校などは関係なく、熱意ある人を積極的に採用する傾向は、引き続き続いていくものと考えられます。

しかし、技術職であるからこそ、もちろん確かな知識・技術を持っている人が歓迎されやすいのは事実です。

「できるだけ早い段階から専門的な勉強をしておきたい」「有利な条件で就・転職したい」といった場合には、以下のような学校で、ネットワークエンジニアになるための基礎を学ぶ方法もあります。

大学

大学でネットワークエンジニアに直結する知識を得たいのであれば、理工系学部の情報工学系学科・コースが選択肢に挙がります。

大学によって「情報学部」「情報科学科」「情報工学コース」など名称はさまざまであるため、パンフレットやホームページをよく確認して、情報ネットワーク関連のカリキュラムがあるところを選ぶとよいでしょう。

大学は研究に力を入れているところも多く、ソフトウェアやハードウェアの基礎からネットワークの活用、最先端の情報技術まで幅広く学ぶことができます。

大学の4年間のうちに、情報関連の資格を取得しておくのもよいでしょう。

専門学校

ITやコンピュータ系の専門学校では、時代に即したネットワークエンジニアの育成を目標とし、ネットワークについて専門的に学べる学科・コースを置くところもあります。

大学のように4年間かけてIT以外にも幅広く教養を身につけるということはしにくいですが、専門的なことを身につけて、いち早く社会に出たいという人には向いているといえるでしょう。

それなりの就職実績がある学校では、企業とのパイプができていることもあるようです。

カリキュラムは学校によって異なりますが、CCNPをはじめ、在学中に業界内で必要とされる資格取得を目指した対策講義などもよく行われています。