広報の仕事、業務内容

企業や商品の情報を発信し、ブランドイメージを高める

広報は、企業や商品、サービスなどの認知度を上げ、ブランドイメージを高めるために、それらに関する情報を発信する仕事です。

一般企業を中心とするさまざまな組織で広報部門や広報担当が置かれています。

英語では「Public Relations(PR)」と書かれるように、世の中の人々との関係性を築いていくことが、広報のおもな役割です。

具体的な仕事としては、テレビ、雑誌、新聞などのメディア対応、報道関係者向けにプレスリリースの作成のほか、株主に対して自社の活動内容を説明したり、会社案内のパンフレットやコーポレートサイトを作成したりすることも広報の重要な役割です。

また、会社が事故やリコール、情報漏えい、重大なクレームなどの緊急事態を発生させてしまったときには、広報部門が消費者からの窓口となって対応します。

社内広報と社外広報

このように、広報は外部に向けた情報発信や、自社と外部との関わりを創っていく仕事を行っていますが、こうした仕事を「社外広報」と呼ぶのに対し、「社内広報」といって、社内で広報活動を行っていくことも業務の一部となっています。

社内広報の大きな目的は、社員に対し、会社の方向性や最新の情報を提供・共有することにあります。

それによって、個々の社員が働きやすい環境を創ったり、企業としての一体感を高めたりすることを目指します。

宣伝やIRの仕事を兼任することも

このほか、企業や商品、サービスの情報を発信するためにメディアへの広告出稿を行う「宣伝」の仕事も、広報の業務領域に含まれてきます。

具体的には、広告戦略を立てて予算計画を行い、その後は広告会社とのやりとりや、社内調整などを担当します。

さらに、株主や投資家に対し、企業の財務状況など投資の判断に必要な情報を提供していく「IR(Investor Relations)」という仕事も広報に関連します。

社外広報、社内広報、宣伝、IRなどの仕事は分業されていることもあれば、一人の担当者が複数の業務にまたがって担当することもあり、企業の規模や体制などによって異なるといえます。