歌手の給料・年収

収入は歌手によって大きく異なる

歌手の給料や年収は、一般の会社員として働く人以上に個々で大きく差が出やすいため、一概に「いくら」とはいえません。

音楽活動での収入が年間100万円未満の歌手もいますし、大きくヒットすることで何千万円、何億円にまで達する歌手もいます。

歌手のもうひとつの特徴として、その年の売上が数千万円あったとしても、次の年の売上は数百万円にまで落ち込むこともあります。

「一発屋」という言葉の通り、ある作品がヒットしても、その後は鳴かず飛ばずでいつの間にか姿が見えなくなるといったことも珍しくありません。

活動状況は収入にもおおいに影響します。

歌手は人気商売という面が大きいため、浮き沈みの激しい仕事です。

プロダクションからの給料

歌手は、「レコード会社」と「音楽プロダクション(事務所)」の両方と契約を結び、それぞれと交わした契約によって、双方から収入が入ってきます。

プロダクションをひとことで表せば、歌手のマネージメントをしてくれる存在です。

プロダクションとマネージメント契約を結ぶと、歌手には「契約金」として、最初に数十万円~数百万円のお金が入ります。

その後、新人歌手は通常であれば音楽事務所が用意したマンションに住居を移して生活をしますが、その時点では歌が売れているわけではありませんから、歌手活動の結果としての収入はありません。

新人時代は事務所から月10万円から20万円ほどの給料をもらって生活する人も多いようです。

一方、ヒットし始めると完全出来高制で「ギャラの○%を支払う」といった契約を結ぶ場合もあります。

人気が高まると収入を一気にアップさせることができます。

印税による収入

プロダクションから入る給料だけでなく、歌手は楽曲の売り上げによる「印税収入」を得ています。

この印税収入には、「作詞印税」「作曲印税」「歌唱印税(アーティスト印税)」などがあります。

それぞれの割合は、CD価格からパッケージ代を除いた金額の1%~3%程度ですが、新人歌手の場合は1%が相場です。

印税をもらうのがソロ歌手で、作詞作曲を手がけない場合は1%のみの印税が入りますが、もし作詞作曲を手がける場合は、作詞印税や作曲印税が加えられ、おおよそ1.5%ずつ入ります。

しかし、歌手がグループで活動していた場合は、歌唱印税の1%をグループの人数で分けなければなりません。

なお、これらの印税はカラオケや着メロとして曲が使われても加算されます。

大ヒットを連発し、時間が経ってもカラオケで歌い継がれるような歌手になると、より安定した収入を得られるようになります。

CD以外の収入源

歌手のその他の収入としては、テレビや雑誌、イベントへの出演料、ライブやコンサートの売り上げ、ファンクラブの売り上げ、グッズの販売益などがあります。

これらの売上についてはたいていの場合、音楽プロダクションがプロデュースしており、それも含めて歌手の給料に反映されていきます。

人気がある歌手ほど、大規模なコンサートに数多く出演したり、ファンクラブの会員数やグッズ販売の売上も大きなものとなります。

売れっ子歌手になれば、一般の人が稼げないような額のお金を得ることも夢ではありません。