公務員の管理栄養士

公務員の管理栄養士とは

管理栄養士の活躍の場は幅広く、働き方もさまざまであり、なかには公務員の管理栄養士として働く人がいます。

その代表的な職場としては、保健所・保健センター、市区町村の役所、老人保健施設、病院、小中学校、給食センターなどがあります。

これらの場における管理栄養士の採用は、都道府県や市町村、行政事務組合などの各自治体で行われており、6月もしくは9月に試験が実施されることが多いです。

募集区分としては、薬剤師や保健師と同様に「技術職」区分がほとんどです。

年齢制限が設けられている自治体もあります。

公務員の管理栄養士は重要な存在ですが、事務などを担当する一般職員と比べれば必要とされる人数が少なく、退職者や欠員が出たときのみ募集を行うなど、採用は不定期となることも多いようです。

とくに近年は公務員削減の流れもあるため、公務員の管理栄養士としての就職は決して楽とはいえません。

受験を希望する場合は、インターネットを使うなどして管理栄養士の公務員採用情報をよくチェックしておく必要があります。

公務員管理栄養士の仕事内容

ひとくちに公務員の管理栄養士といっても、働く施設によって仕事内容は若干変わってきます。

役所勤務であれば事務が中心業務となり、栄養や健康づくりに関する情報提供、講演会の実施、市民の健康・栄養調査などを行います。国や関係事業者との連携も必要です。

また、保健所であれば特定給食施設の巡回が中心、学校栄養職員になれば、学校や給食センターでの給食作りや食育を中心に行います。

なお、地方公務員の管理栄養士には異動があります。

たとえば、保健所から役所へ、施設(老人保健施設や病院など)から保健所へといった具合です。どの範囲の異動になるかは、自治体によって異なります。

また、数は多くありませんが国家公務員の管理栄養士もいます。国立の病院勤務や、自衛隊駐屯地で働くことが多いようです。