管理栄養士と調理師の違い

調理師は調理の仕事が中心

「管理栄養士」と「調理師」は、しばしば仕事内容や役割が似ていると語られることがあるようです。

たしかに、どちらも「免許」を持って働く仕事であり、さらに「食」に関わる仕事であることから、混同してしまうのも無理はないかもしれません。

しかし、具体的に見ていくと両者の仕事内容はだいぶ異なっており、担う役目も違います。

まず、調理師はひとことでいえば「調理のプロフェッショナル」です。食材の切り方や味付け、そして盛り付けまで、調理全般に関する高度な技術を備えており、その技術を生かして飲食店などで調理の業務に従事します。

調理師の仕事

一方、管理栄養士の場合は「栄養のプロフェッショナル」としての位置づけとなります。

食品の栄養成分についての深い知識を有しているため、病院や施設、学校などさまざまな場所において、一人ひとりの健康状態に適した栄養指導や食事のアドバイス、食事管理などを行うことができます。

これだけ見ても、両者のおもな役割に違いがあることがわかるはずです。

管理栄養士が調理を行うこともある

しかしながら、実際には管理栄養士と調理師の仕事が似ている部分は確かにあります。

それというのも、職場によっては管理栄養士が調理を行うケースも多々あるからです。

病院や高齢者施設、学校などの給食を提供する施設であれば、人員の配置状況によっては自ら献立作成や調理業務を担当することもありますし、食品メーカーでは新しい商品を開発するために試作の日々になることもあります。

管理栄養士はあくまでも栄養の管理に重点が置かれるため、「栄養士」に比べると、調理そのものが中心業務になることは少ないといわれていますが、職場によって管理栄養士に任される仕事内容は多少異なっているようです。

管理栄養士になったからといって調理業務がまったくないというわけではないため、その点は頭に置いておくほうがよいでしょう。