管理栄養士の養成学校で学ぶこと

養成学校で学ぶ科目

管理栄養士養成学校のカリキュラムは、おもに「基礎教養科目」「専門基礎科目」「専門科目」の3種類の科目群で構成されています。

学校によって科目の分け方や呼び方が少々異なることもありますが、多くの学校では以下のような名前の授業があります。

基礎教養科目

基礎教養科目は、人文科学、社会科学、自然科学、外国語といった授業です。

直接、栄養学や食に関する授業ではありませんが、一般常識と幅広い見聞を身につけるためには欠かせないものです。

専門基礎科目

管理栄養士の国家試験科目に関わるのが、専門基礎科目と専門科目です。

専門基礎科目としては、理化学生物学、人体の構造と機能、疾病の成り立ち分野、社会・環境と健康分野、食べ物と健康分野などが挙げられます。

専門科目

専門科目としては基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学論、公衆栄養学、給食経営管理論があります。

管理栄養士になるためには、栄養学や調理だけでなく、衛生から人体、病理学などの医学的な内容、食育、給食経営など幅広く学ぶ必要があり、養成学校ではそれらを勉強していくことになります。

学校生活の様子について

1年次は基礎科目中心の授業となり、2年次と3年次は専門科目中心、さらには実習まで入ってくるため、とても忙しくなります。

また、3年次の後半から4年次になると管理栄養士国家試験対策が行われるほか、「臨地実習」といわれる現場での実習もあります。

臨地実習では、学校や福祉施設、保育所、事業所などの給食施設で、実際の給食サービスに関する知識、技術を実習体験していきます。

実習期間は学校によっても異なりますが、1~2週間程度から、長くても1ヵ月程度のことが多いようです。

管理栄養士養成学校では、必修以外の科目も多々用意されているため、授業数はかなりの数にのぼります。

実習があればレポート提出も求められます。授業のある日はあまり遊ぶ時間もなく、勉強に追われる日が続く覚悟も必要です。