病院の管理栄養士

直営と委託の管理栄養士の違い

病院で働く管理栄養士は、おもに病院から直接雇用されて働く「直営」の管理栄養士と、委託会社に登録し、そこから必要に応じて病院へ派遣されて働く「委託」の管理栄養士の2通りに分けることができます。

それぞれ雇用形態が異なるわけですが、仕事内容に関して一番違うところは、「栄養指導ができるのは直営勤務の管理栄養士だけ」という点です。

直営の管理栄養士は栄養指導のほか、糖尿病の患者さんや減塩を必要とする人への集団指導、また「NST」といって、医師や看護士、薬剤師などと一緒に栄養管理のサポートチームを組んでの活動などを行っていきます。

一方、委託の管理栄養士はおもに病院で出す食事の献立作成や食材発注、調理、配膳、衛生管理などを行います。

ただし、すでに献立が用意されている場合、ほぼその内容に従っての調理業務のみといったこともあるようです。

ただし、直営でも調理に携わることもありますし、実際は食事指導よりも事務作業が多い場合があるなど、病院の規模によっても仕事内容は異なります。

また、多くの診療科をもつ総合病院であれば、さまざまな疾患の方と接するためたくさんの経験が積めますが、その分勉強すべきことも多くなります。

直営の就職は大変?

病院で働きたいと考える管理栄養士の多くは、直営勤務を望むようです。

その理由としては、栄養指導ができるという業務範囲の違いもありますし、待遇面を見ても、やはり委託より直営のほうが良いことが多いといわれています。

しかし就職活動に関しては、直営のほうが厳しい状況にあるといえるでしょう。

とくに、病院が新卒者を採用するケースはそう多くないため、まずは委託で働いて経験を積み、キャリアアップを目指すという道も検討する必要がありそうです。

なお、委託会社といっても数はたくさんあります。登録する際にはきちんと対応してくれる会社かどうかや、どのような派遣先があるのかなどを、しっかり確認しておくことが大切です。