自衛隊の体力測定

入隊時には体力試験はない

自衛隊の入隊試験では、身体上に問題がないか調べることはなされますが、体力試験についてはありません。

しかしながら、陸上・航空・海上それぞれの自衛隊に入って新隊員教育が始まれば、そこから退官して自衛隊を辞めるまで体力を測るための検定試験がついてまわります。

職種によって違いはあるものの、自衛隊に所属するうえで最も必要なのは「体力」といえるため、当たり前といっては当たり前といえるでしょう。

自衛隊に合格したからといって、すべての隊員が同程度の体力を持っているとは限りません。

高卒で入ってくる人の多くは部活などで体を動かしてた人が多いですが、新隊員は高卒だけではありません。社会人になってから入ってくる人もたくさんいるため、入隊時の体力にはかなりのばらつきがあります。

そのため、はじめはランニングや筋力トレーニングを中心に行い、基礎体力を高めていきます。

体力検定は随時実施

自衛隊に入ったら、朝起きてから夜寝るまで、機を見つけては自主的に体力づくりをする必要があります。

部隊によっても異なりますが、自衛隊では定期的に体力検定が実施されるため、それにパスすることを意識して生活していくことになります。

体力検定の内容は、おもに「腕立て伏せ」「腹筋」「懸垂」「3000メートル走」「ボール(ソフトボール)投げ」となっています。

各種目は年齢ごとに「等級」という形での基準が設けられ、その基準を上回ることを目指さなくてはなりません。

なお、これらの種目は基本となるもので、たとえば海上自衛隊での水泳検定のように、そのほかの体力測定があることもあります。

体力は評価にも影響する

少し前までは体力検定はあくまで自分の体力を知るための機会のようなもので、よほど体力がないのは別としても、そこまで重要視はされてませんでした。

しかし、近年では体力測定も給与などの評価に関わることがあるようです。

理由としては、自衛官でありながら高血圧やメタボ等の体調管理ができてない人がいたようで、それに対する改善策と噂されています。

入隊時は給与に反映されることはないでしょうが、将来のために、入隊したら積極的に体力づくりをして、体力測定もいい結果を出した方がよいでしょう。

ちなみに体力測定でいい結果を出すと体力記章(バッジ)をもらえます。これをつけてると一目置かれるため、狙ってみるのもいいでしょう。