自衛隊で海外派遣されやすい部隊

海外派遣される部隊

自衛隊のすべての職種が海外に派遣されるわけではありません。

もし海外派遣に興味があるのであれば、自分の希望職種は事前にしっかりと選ばなければいけません。

なぜなら職種が決まった後で他の職種に変えることは実質無理だからです。

では、どういった職種なら海外派遣に向いてるかですが、大きく分けると支援系の職種が向いてます。

これは陸上自衛隊だと施設科や衛生科などです。

逆に歩兵である普通科や、ミサイルなどの特科といった戦闘職種はあまり海外派遣には向いてません。

最近でこそ海賊からの護衛任務などが増えましたが、それでも基本は発展途上国の支援が多いからです。

そしてそういった国々ではインフラの整備がまだまだですので、学校や道路の建設が出来る施設科の出番が多いです。

また衛生科は自衛隊内の医療部隊なので、海外でも同じように活躍することができます。

レンジャー資格を所持している隊員が派遣される

戦闘職種は海外派遣には向いてないとはいえ、まったくないというわけではありません。

戦闘職種ならではの海外派遣とは、自衛隊自体の護衛です。戦闘地域に施設科などが派遣された場合の護衛として付いていきます。

施設科の隊員なども基本的な戦闘行動はできますが、あくまで基本だけです。

ですので、ある程度危険が予測される地域には普通科の隊員も派遣されることになります。

しかし、このときに派遣される普通科の隊員はかなり限定されます。まず入隊して数年の隊員では行けません。

曹以上の階級で、なおかつレンジャー資格を持ってる隊員が派遣されます。

そしてこのレンジャー資格は並の隊員では取ることができません。普通科で派遣される隊員は、一部の選ばれた隊員なのです。

このように、国内の災害派遣などでは一番活躍する普通科ですが、海外派遣になると活躍の場がかなり限定されてしまいます。

海外派遣で活躍したいのであれば、自衛隊の採用担当の人によく相談してみるとよいでしょう。