自衛隊の1日

細かい部分は各職種や配属地域で変わってきますが、ここでは陸上自衛隊の部隊に配属後の一般的な日常の流れについて書いていきます。

朝は6時に起床

朝は6時に起床しますが、この時に起床ラッパというものが放送されます。

このラッパが鳴るとすぐにベッドから起きて着替えます。

着替えるといっても、下はジャージで上だけ作業服(名前と階級が分かるように)を着ればいいだけなので、そこまで慌てて着替えるわけではありません。

着替えたら廊下に並び、同室で一番階級が上の先輩が同室(3〜4人)の健康状態を当直に報告して朝の点呼が終わります。

そのあとは隊舎や部屋の掃除を15分ほどします。

これは先輩後輩関係なくみんなで行うので、入隊直後の隊員のみが掃除をさせられるというわけではありません。

朝食は持ち帰りもOK

掃除が終わると食堂に朝食を食べに行きます。

朝昼晩は基本ここで食べますが、学校時代の給食のように並んでもらうというスタイルです。

ただ、朝食の場合は他にも部屋への持ち帰り用のパンや牛乳などが用意されており、朝は部屋でのんびり食べたい人向けの準備もしてあります。

とはいえ、持ち帰り用は数に限りがあるので早めに行かないと残っていないこともあります。

日中は訓練

朝食後はその日の訓練次第で動きが変わりますが、通常は8時前にそれぞれの中隊の所定位置に集まって体操をしたりしてから、隊長にその日の訓練内容を報告して仕事を始めます。

訓練は全員が同じ内容の時もありますが、いくつかの班に分かれてそれぞれ違った内容の訓練をすることが多いです。

これは同じ職種でも、その中でさらに役割が細分化されており、それぞれに訓練する内容が違うためです。

こうして日中はそれぞれ訓練をして過ごします。

訓練中にも走ったりして体力作りをしてると思われるかもしれませんが、どちらかというと訓練が終わったあとにそれぞれがトレーニングをすることが多いです。

もちろん昼間に時間を作って体力作りをすることもありますが、個人の意識に任されてるところが大きいです。

そのため、自分で体力作りをさぼってしまう人は訓練できつい思いをすることになります。

夜間は外出できない

そして17時にその日の訓練が終わります。

もちろん訓練次第では夜までかかることもありますので、あくまで通常であればです。

訓練が終わると、23時の消灯まで基本自由になりますが、夕食→お風呂→部屋でゆっくりという流れが普通です。

また特別用事がなければ外出はできません。これは国防という役割を担っていることを考えれば仕方のないところもあります。

緊急事態があったときに隊員がいなくては困るからです。

また消灯前に廊下で点呼がありますので、一日の最後の報告をしてその日が終わるという流れになります。