保育士の給料・年収

保育士の給料

保育士の初任給は?

公立の保育園で正社員として働く場合、地方公務員となるので、地方公務員の給与規定にしたがった給与が支払われます。公務員の各種手当てが適用されるため、安定した待遇で働くことができます。

私立で働く場合には、条件によってさまざまですが、公立と給与面で大きな差はありません。県・地域・保育園・勤務年数などによって給料は変わってきますが、一般的な初任給は16万円〜17万円ほどとなります。

正規職員は年金や保険などが給料から引かれます。そうなると、給料から2〜3万ほど引かれることになるので、手取りにすると、13万〜15万くらいが相場となります。社会保険が完備されていない保育園で働く場合も、自分で年金や保険を支払うことになるので、結果的には手元に残る給料は変わりません。

手取りの初任給が10万程度の保育園もあり、保育士の給料は厳しいものとなっています。仕事の責任や労働時間を考えると、少なく感じるかもしれません。

保育士の昇給は?

仕事内容の割に給料が少ないといわれている保育士ですが、力を入れている地域もあるようです。神奈川県の場合、保育士などの福祉関係の仕事の給料は高く設定されています。中には基本給が20万近くになるという保育園もあるようです。

平均的に給料が安いため、なかなか続けるのが難しいということもあるかもしれません。ただ、給料がずっと変わらないということはありません。毎年給料が上がっていくという楽しみもあります。

私立の場合は、昇給はあまり期待できないところもありますが、公立の保育園は、勤務年数に伴い、給料が少しづつ上がっていきます。そのため、公立の保育士の方が離職率が低いのが現状です。

また、お金では買うことのできないこともあります。仕事がどんなに大変であっても、保育士は他の仕事では味わうことのできない喜びや感動を受けることができます。子どもと一緒に成長していくことに誇りを持てる仕事です。

保育士の給料統計

保育士の平均年収統計

平成28年の厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、保育士の平均年収は36歳で326万円ほどとなっています。

・平均年齢:36歳
・勤続年数:7.7年
・労働時間:169時間/月
・超過労働:4時間/月
・月額給与:223,300円
・年間賞与:588,200円
・平均年収:3,267,800円

出典:厚生労働省「平成28年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成28年 保育士の年収(規模別 ※女性のみ)

保育士の年収は、勤務先の企業規模が大きくなるとやや増える傾向にあります。

10人〜99人の事業所に勤める保育士の年収は327万円、100〜999人規模は331万円、1,000人以上規模は310万円、10人以上規模平均は327万円となっています。

保育士の年収(規模別)_28

平成28年度 保育士の年収(年齢別・男女別)

保育士の年収は、ほぼすべての年代で300万円~400万円台となっており、年収の上昇はあまり見込めないようです。

男女別では、男性325万円、女性405万円と、女性のほうが高い年収となっています。

保育士の年収(年齢別)_28

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

仕事体験談