プロゴルファーになるには

日本のプロゴルフ協会の認定が必要

いくらゴルフがうまくても、自分でプロと名乗るだけで「プロゴルファー」になれるわけではありません。日本では、男子は日本プロゴルフ協会(JPGA)、女子は日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)から「プロゴルファー」として認定される必要があります。

ツアープロとして認定されるには下記2つの方法があります。

1.アマチュア時代にツアートーナメントで優勝する
2.プロテストに合格する

ツアープロには、年齢制限が設けられています。男子は16歳以上、女子は18歳以上です。

1.アマチュア時代にツアートーナメントで優勝する

この年齢基準を満たすアマチュア選手が、ツアートーナメントに参加して優勝すると、プロ宣言を行うことができます。プロ宣言を行えば、プロゴルフ協会からもツアープロとして認められます。

宮里藍選手や石川遼選手、松山英樹選手は、この方法で高校や大学の在学中にツアープロとなりました。

たいていの選手は、日本プロゴルフ協会(JPGA)と日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が実施するプロテストを受け、合格することでツアープロとして認定されます。

2.プロテストに合格する

2014年から、日本プロゴルフ協会が「公益社団法人」になったこともあり、その年に16歳以上となる男性は、誰でもプロテストを受けられるようになりました。

プロテストは、プレ予選、第1次、第2次、最終の4段階に分かれています。それぞれの段階で2〜4日間の競技を行い、成績上位者が次の段階に進みます。

アマチュア大会での成績優秀者や関連団体からの推薦者、ティーチングプロなどは、実力に応じて各段階の予選が免除されます。

ツアープロとして認められるのは、最終プロテストの上位50位までの選手たちです。ですので、毎年50人のプロゴルファーが誕生しています。

ツアープロテストの難易度、合格率

ただし、この資格だけでは、ツアートーナメントに参加できません。

毎年実施される「クオリファイングトーナメント(QT)」に参加して、成績上位に入って出場資格を取得することも必要となります。

受験料と認定料などで100万円以上かかる

プロテストを受けるには、受験料が必要です。総額で20万円以上になります。会場までの交通費と宿泊費も必要ですし、合格すると、認定料やセミナー料などで80万円以上のお金がかかります。

プロになるには、受験料や認定料などで100万円以上の額が必要というわけです。

それに、プロテストを受けるまでにかかったレッスン料やゴルフ場の使用料などを入れると、かなりの額がかかります。そのため、ゴルフ場で働きながら練習する研修生制度が設けられています。

女性ゴルファーの場合

女性が、プロテストを受けるには、2つの条件をクリアする必要があります。1つは、その年の4月1日時点で18歳以上であることと、もう1つは、女子プロゴルフ協会に5年以上所属する会員2名の推薦を受けることです。

プロテストは、第1次、第2次、最終の3段階です。第1次と第2次は2日間の競技を行い、成績上位者が次の段階に進みます。アマチュア大会での成績優秀者やティーチングプロなどは、実力に応じて各段階の予選が免除されます。

ツアープロとして認められるのは、最終テストの上位20位までです。ツアートーナメントには、毎年実施される「クオリファイングトーナメント(QT)」で合格すれば、出場が認められます。