プロゴルファーになるための研修生制度

ゴルフ場で働きながら練習する研修生制度

ゴルフ界には、「研修生」と「練習生」いう制度があります。「研修生」とは、ゴルフ場で仕事をして給料をもらいながら、プロをめざしてゴルフの練習をする制度です。

ちなみに、「練習生」は、プロテストに合格した人が、ゴルフ場で仕事しながら、ツアープロを目指して練習する制度です。

プロテスト合格をめざす研修生は、各都道府県やゴルフ場によって年齢制限や契約期間などに違いがありますが、ゴルフ場近くの寮で生活しながら、ゴルフに打ち込むことができます。

日本プロゴルフ協会のHPで募集している

日本プロゴルフ協会のホームページを見ると、「研修生、練習生募集」というページがあります。

あるゴルフ場は、18〜30歳までの「本気でプロを目指す方(男女)」を募集していました。仕事は午前中で、練習時間がたっぷりとれるといい、寮も完備しているということでした。

ゴルフ場のなかには、ティーチングプロが在籍し、レッスンを受けられるところもあります。

仕事は雑用全般で、給料は10〜15万円

ゴルフ場での仕事は、キャディーやマスター室(お客さんにスタート時間を伝える係)、コースの見回りなどが中心ですが、現実には雑用全般をこなしています。給料は、平均して10万〜15万円といわれています。

キャディーを1回すると、数千円の手当てをもらえるというゴルフ場もあります。

自分の練習時間はお客さんがいない時で、平日の午後3時くらいから日没までということが多いようです。プロゴルファーになろうと思えば、アプローチとパッティングの練習が重要です。

実際のコースで練習できることが、研修生のメリットです。

研修生になるのは、高校や大学のゴルフ部だった人はもちろん、高校を卒業してから本格的にゴルフを始めた人や、他のスポーツから転向した人もいます。