ドラッグストア店員の仕事、業務内容

店舗で接客や商品管理を行う

ドラッグストア店員のおもな仕事は、ドラッグストアに来店されたお客さまに対しての接客、レジ、商品管理、発注、清掃です。

具体的には、商品の売り場を聞かれたらご案内したり、倉庫から商品の在庫持ってきて店頭に並べたり、カウンター内でレジ打ちを行ったり、商品が切れかけたら発注をかけたり、店内を清潔に保ったリします。

「ドラッグストア」とはいっても、そこで扱う商品は一般用医薬品のほか、日用品、食料品、化粧品など多岐にわたっており、とくに大型の店舗になればなるほど扱うアイテム数や種類も増えます。

お客さまから「こういう場面ではどの製品を使えばいいの?」など聞かれることも多いため、店員は商品知識を身につける必要があると同時に、お客さまに気持ちよく買い物をしていただくために行動する必要があります。

雇用形態はさまざま

ドラッグストア店員は、正社員や契約社員として会社に勤めている人もいれば、派遣会社から派遣されて仕事をしている派遣社員、さらにアルバイトやパートで働いている人もいます。

アルバイト・パートとして働く人は、学生のほか、フリーター、主婦など年齢層や立場がさまざまです。

雇用形態によって業務内容や与えられている責任が異なることはありますが、お客さまから見れば同じ店舗のいち店員です。

資格がないとできない仕事も

ドラッグストア店員の仕事のなかには、特別な資格を持っていなければできないものもあります。

ドラッグストアでは「医薬品」を多く取り扱っていますが、この医薬品は、「薬剤師」あるいは「登録販売者」の有資格者に限って販売すること許可されています。

薬剤師の仕事
登録販売者の仕事

また、薬剤師と登録販売者では、扱える医薬品の種類が以下のように異なっています。

・薬剤師…第1類、第2類、第3類の医薬品が販売可能
・登録販売者…第2類、第3類の医薬品が販売可能

なお、ドラッグストアで扱う一般用医薬品のうち、第2類、第3類医薬品の割合は9割以上を占めているといわれます。

また、薬剤師は上記に加えて処方箋に基づく薬の調剤をすることも許可されています。最近は、ドラッグストアの中に調剤カウンターを併設する店舗も増えていますが、調剤をする際には薬剤師が対応します。

仕事体験談