ドラッグストア店員に必要な資格、スキル

必ずしも資格は必要とされない

ドラッグストア店員になるうえで、絶対に必要とされる資格はありません。

未経験者でも意欲的な人であれば採用されることはありますし、業務上必要な知識やスキルは仕事をスタートしてから身につけていくことができます。

ただし、ドラッグストアの一部の業務では、特別な資格や免許が必要なものがあります。以下では、その内容について紹介します。

登録販売者

「登録販売者」とは、2009年に改正された薬事法によって、ドラッグストアで扱う一般用医薬品のうち、第2類医薬品と第3類医薬品に分類されるものを販売することができる資格です。

登録販売者が扱える一般用医薬品の割合は、かぜ薬、解熱鎮痛剤、消化薬なども含めて9割以上にのぼるため、多くのドラッグスストアが登録販売者資格を持っている人を必要とします。

なお、登録販売者は、入社後に店舗で実務経験を積みながら取得する人も多いようです。登録販売者になると、基本給とは別で資格手当が支給されるケースもあります。

登録販売者の仕事

薬剤師

「薬剤師」は、ドラッグストアで扱う一般用医薬品のうち、登録販売者が扱えるものに加えて第1類医薬品に分類されるものまで販売することができます。

また、薬剤師は処方箋に基づく薬の調剤をすることもできるため、調剤薬局を併設したドラッグストアで活躍することもできます。

こうした専門性の高い業務を担えることから、薬剤師は他の店員とは別の枠で採用されるケースが多くなっているようです。給与や待遇面でも、一般の店員より良い条件となっている場合がほとんどです。

薬剤師の仕事

店舗運営に必要なスキルを身につける

上記のように、特別な資格を生かして活躍するドラッグストア店員もいますが、基本的にこの仕事で求められるのは、店舗運営に関するさまざまな知識やスキルです。

接客スキルや商品知識はもちろん、アルバイト・パートなどのスタッフをマネジメントする力も必要になってきます。

経験を積んでいけば、店員から昇格して商品を買い付けるバイヤーになったり、エリアマネジャーとして複数店舗を統括する立場になったりすることも可能です。

仕事体験談