コピーライターの仕事内容

「コピー」とは?

私たちが毎日目にする「広告」。それはテレビCMであったり、電車の中吊りだったり、雑誌だったりとさまざまですが、その広告文字全般のことを「コピー」といいます。

コピーライターは、テレビ、雑誌、インターネット、ポスター、商品パッケージなどにおける、広告のコピーを考える仕事です。

コピーは商品の紹介文のように長いものではなく、いわゆる「キャッチコピー」または「キャッチフレーズ」というわずか数文字程度で表現されるものも多く、それだけにとてもインパクトがあります。

また、コピー自体がブランドイメージを決め、売上に直結することも多いので、コピーを考えるコピーライターは広告戦略で重要な位置を占めます。

どのように働くか?

コピーライターは広告代理店に勤めることが多いですが、この場合は広告のコンセプトづくりから参加し、企画立てなど制作全般に携わります。ときには取材に出かけることもあります。

また、勤務先の企業によっては、コピーライティングだけでなく、ライターの業務と兼任して業務を行なっている人もいます。

しかし制作プロダクションやフリーランスで活動するコピーライターの場合は、コピーそのものだけに注力することが多いようです。

会社勤務を経て、実力がついてからフリーランスとして活動するコピーライターも多いです。

ただ黙々と書くだけではない!

「コピーライター」というと、一人で黙々とコピーを書くだけのように感じるかもしれません。しかし実際には、さまざまな人と関わることになります。

たとえば雑誌広告など紙媒体であれば、グラフィックデザイナーやアートディレクターなどと一緒に仕事をしますし、テレビCMであればディレクターやプロデューサーなどさらに多くの人が関わってきます。

もちろん、クライアントがあってこその仕事ですので、周りとコミュニケーションをとって、求められていることを的確につかみ取り、ライティングを進める必要があります。

コピー制作の流れ

どんな広告展開をしていくのか、商品のコンセプトやアピールポイント、ターゲットユーザーなどをクライアントにヒアリングし、チームで全体の広告案を考えていきます。

全体の構成をもとに、だいたいの方向性が決まったら、コピーの制作に取り掛かります。

コピーは、たった1行のものであっても、すぐにできるものではありません。何日もかけて100案以上考えることもあります。

最初に考えたものが採用されることもあれば、100個目にひねり出したものが採用されることもあります。とにかく数を出すことが求められます。

最終的に、クライアントや他のクリエーターと打ち合わせを行い、ひとつのキャッチコピーに絞り込んで決定をします。