カイロプラクターの仕事内容

手技療法で自然治癒力を高めるアプローチを行う

カイロプラクターとは、1895年にアメリカで発祥した「カイロプラクティック」という、代替医療の手技療法を施術する人のことをいいます。

カイロプラクティックの目的は、人間がもともと備えている自然治癒力を高めながら、人体の筋骨格系の障害および健康への影響を判断、改善、予防することです。

カイロプラクターは医師のように医学的な治療をするのではなく、手技療法によって脊椎や骨盤な関節のずれやゆがみを矯正します。

このような手技療法は、日本では厚生労働省医政局によって「医業類似行為」に分類されています。

人体の構造や機能についての知識は必要不可欠

カイロプラクターは、日本においては医師のように免許が必要な仕事ではありませんが、人体に直接触れること、また人の健康に影響を及ぼす役割を担うことから、人体の構造や機能についての専門的な知識を身につける必要があります。

また、手技のほかに特殊なベッドや器具を用いた施術を行うこともあるため、それらの扱い方や身体に及ぼす影響などへの理解も求められてきます。

整体師などとの違いは?

カイロプラクターと類似した職業として、国家資格である「柔道整復師」や「あん摩マッサージ師」「鍼灸師」、民間資格である「整体師」や「セラピスト」などが挙げられます。

柔道整復師の仕事
あん摩マッサージ指圧師の仕事
鍼灸師の仕事
整体師の仕事
セラピストの仕事
アロマセラピストの仕事

それぞれ身体へのアプローチ方法や施術内容には違いがありますが、そもも国家資格と民間資格の間には、「医療行為か否か」という明確な違いがあります。

日本では、カイロプラクターも整体師も医療行為を行うことはできず、その人たちが行う施術は代替医療とみなされています。

就職先・活躍の場は?

カイロプラクターは、カイロプラクティック専門のサロンや施術院のほか、整骨院、整形外科、鍼灸院などに勤めることもあります。

また、正社員・契約社員・アルバイトのような形で会社や店に雇用されて働くだけでなく、独立して自分の施術院を開業する人も少なくありません。