シェフになるには

最初は下積みから

シェフはコックをまとめるトップですから、まずは一人前のコックを目指します。

しかし現場に入ったからといって最初から料理ができるわけではありません。人前に出ても恥ずかしくないようなコックになるには、個人差もありますが10年程度はかかるといわれています。

まずは下積みから始まり、掃除や食材の手配、下ごしらえ、皿洗い、後片付けなど料理の周りのことから行うのが通例です。

それは現場に早く慣れるためでもあり、仕事の流れを覚え、調理をするうえで必要な段取りや整理整頓、衛生面の管理などを習慣づけるためでもあります。

これらの仕事を先輩が厨房に入る前、帰った後に行います。

したがって、早朝から深夜まで拘束される時間が長くなりますが、それはシェフになるには避けては通れない道なのです。

体一つで店に飛び込むのもアリ

料理の世界は勉学よりも体力、忍耐力、技術を習得する姿勢、経験の積み重ねが大切。

もしシェフになりたいと決めたら、思い切って店へ飛び込みで働くのも有効です。

もちろん専門学校や養成学校で調理師の基本を学んでから店に入るケースもありますが、最終的には店でどれだけの年数で経験を積み、いかに早く仕事を覚えるかがシェフになる近道です。

また店に1日でも早く入った人全員が先輩になりますので、そういった意味でも早めに働き始めるのが望ましいでしょう。

ちなみに西洋料理のメニューは英語もしくはフランス語しかありませんので、読めなければメニュー名も理解することは難しくなります。

そのため、できるだけ早い段階から英語やフランス語を勉強しておくことも必要です。

調理師の専門学校や養成学校へ行く方法もある

店で働き始める方法以外に、調理師の専門学校や養成学校で基礎知識と技術を学んでから店に入る方法もあります。

これは社会人や異業種からの転職の際にも有効な手段です。

専門学校などの養成施設では、西洋料理に限らずイタリアや日本、中国、エスニックなどの各料理や製菓の基礎知識を満遍なく習得できるコースもあります。

また、入学当初から分野を絞り複数年かけて学ぶ方法などもあり、施設によって体系が異なりますので、いろんな学校を比較しながら選ぶことをおすすめします。

講師には現場で活躍する一流のシェフや関連学問の有識者など多彩な顔ぶれが在籍しているので、「この人の授業を受けたい」といった気持ちがあれば学校を選ぶポイントにしてもよいでしょう。

男女の区別なく働ける

調理に男女の区別はありませんので、女性でも料理の世界で活躍することはできます。

とはいえ、例を挙げれば大手ホテルで働くコックの男女比はおおよそ9:1と、それほど女性の働き手は多くはありません。

調理場では重いフライパンや鍋を持ったり食材を運んだりといった体力がものを言う場面もありますので、どうしても女性のほうが不利になることもあります。

しかし、だからと言って女性が調理に向いていないのかといえばそうではありません。

繊細な感性や味付け、細やかな気配りなど、女性ならではの「らしさ」を皿の上で表現することができるのです。

ときには男性のように大胆な決断やふるまいが必要になることもありますが、女性だけができる料理やおもてなしがあることでしょう。