客室乗務員の現状と将来性

グローバル化による航空会社同士の提携

グローバル化が進み、海外でビジネスをする人の数はどんどん増えています。海外旅行をする人の数は景気によっても左右されますが、それでも毎日大勢の人が日本と海外の間を出入国しています。

日本の大手航空会社でも早くから国際線の運航を行っていますが、世界は大変広いため、1社のみで世界中へのフライトを網羅することはとても難しいです。

そのため、世界各国の航空会社はお互いに提携し合うことで、大きな航空連合を形作っています。このことを「グローバルアライアンス」と言います。

グローバルアライアンスには、JALが属する「ワンワールド」やANAが属する「スターアライアンス」のほか、大韓航空やデルタ航空などで構成された「スカイチーム」があります。

航空業界は激戦が続く

ここ数年の航空業界は、価格競争などにより厳しい経営状況に陥る会社が増えています。日本国内でも2012年から「ローコストキャリア(LCC)」という格安航空会社が登場し、ますます各社間の競争が激しくなっています。

そのような状況下においては、これまで以上に「サービス」が重視されていくものと考えられます。特にLCCではサービスに重きを置かない分、圧倒的な価格の安さを実現しています。

航空会社の選択肢が広がったのは消費者にとっては良いことですが、その業界で働く人にとっては決してうれしいだけのニュースではありません。大手をはじめとする既存の航空会社では、これまで以上に充実したサービスをしなければ生き残れないでしょう。

客室乗務員はどうなる?

価格競争にさらされている各航空会社では、「いかにコスト削減するか?」が重要な課題となっています。かつては高い人気を誇っていた客室乗務員も、いつしか「契約社員」スタートの形が一般的になり、決して待遇が素晴らしいとは言えない状況にあります。

不規則な生活など体力面を要するに見合った収入が得られるかというと、冷静に考えなければいけないと言えるでしょう。憧れだけで目指すと、実際の仕事に就いてから辛い思いをするかもしれません。

とはいえ、「多くの人に喜んでもらえる」サービス業であることに加え、「人命を預かる」という責任とやりがいのある仕事であることは間違いありません。各社では、厳しい状況に負けることなく、その役割に強い情熱を持ち前向きに働ける客室乗務員を求めています。