バイヤーになるには

まずは企業に入社を

バイヤーとして働くために、必要な資格は特にありません。ですが、バイヤーという職業をめざす場合、どんなジャンルのバイヤーになりたいかによって、必要な経験やスキルは変わってきます。

服や靴のセレクトショップで働くバイヤーの場合は、ファッションセンスが欠かせません。このため、服飾について学べる専門学校で勉強した後、アパレル関係の企業に就職するという人が多くいます。

一方で、百貨店や量販店で働くバイヤーはさまざまな商品の買いつけを担当するため、特定のジャンルの知識というよりも幅広い視野を持っているかどうかや企業の経営に貢献できる人材であるかどうかが大切になってきます。

そのため、多くの人が大学で勉強してさまざまな知識を身につけてから、就職試験を受けて企業に入社しています。いずれにしても、バイヤーは企業に所属して働くのが一般的で、フリーランスでバイヤーをするようなケースは非常にまれです。

接客から修業がスタート

アパレル業界で働くにしても、百貨店や量販店で働くにしても、未経験者のバイヤーを募集しているところは少なく、就職していきなりバイヤーの仕事を任せてもらえるということはありません。

バイヤーというのは、店に並べる商品を買いつける職業ですから、店の今後の売り上げを左右する大事な存在でもあるわけです。

経営者から「正しい判断力や冷静な分析力、素晴らしいセンスが身についている!」というお墨付きをもらうまで、その大役を任せてもらうことはできないのです。

そのため、一般的には、入社後はまず店頭で接客をしながら、店の客層を把握したり売れ筋の商品を分析したりして修行を積むところからスタートします。

そこで力がついてきたら、少しずつ商品の買いつけを任せてもらえるようになり、どんな商品が売れるのかということや、ファッションの商品知識、売上管理などについてのノウハウを学んでいきます。

さらにバイヤーとしての実績を積めば、より大きな商談を任せてもらえるようになります。

一人前のバイヤーになるまでには時間がかかる

入社してから一人前のバイヤーになるまでにかかる時間は店によって違いますが、大手の百貨店では10年以上修行してやっと買いつけを任せてもらえるようになるということも珍しくありません。

バイヤーは、企業にとってそれほど重要な存在なのです。

バイヤーとなった後は、国内外の展示会などで見た商品を仕入れるところから始まり、徐々に自ら商品を発掘していきます。まだ誰も知らないような商品を仕入れ、売上も好調ということが続けば、優秀なバイヤーと言えるでしょう。

バイヤーに求められる能力

<ファッションの感性>
日頃からファッションの感覚を鋭くしておくことが必要なので、洋服が好きであることが第一条件となります。

<分析力>
自分の感性だけでなく、それが売れるかどうかという見極めが最も大事なため、客観的に市場を分析したり、自社の店舗の売れ筋商品をデータから把握する分析能力が大切です。

仕入額から原価や利益の計算も適切にしなければならないので、数字についての苦手意識がないほうがいいでしょう。

<交渉力>
海外への買い付けも必要となるので、語学力も必要となります。外国人であっても物怖じせず、交渉できるような性格が向いています。