美容師は転職が多い?

美容師は生涯雇用を必要としていない?

担当してくれていた美容師が突然お店を辞めてしまったり、お店を変えることを宣告されたという方も多いのではないでしょうか。

実際、アシスタントから1つの美容室で働き続けるという方は大変少ないようです。そもそも美容師がお店を変える原因はさまざまで、決して後ろ向きな理由だけでお店を変えている訳ではないようです。

それではどのような理由があるのか見てみましょう。

ヘッドハンティング

優秀な美容師は、他店舗からの誘いを受けることがあります。現状よりも働き方や給料面を優遇されると、他のお店に移ってしまうこともあるようです。

独立

独立をすることが大きな目標になっている美容師は多いでしょう。自分の指名客や資金が目標に達すると、今の美容室を辞めてしまうことは仕方のないことです。

他店の営業スタイルを勉強する

美容室によってさまざまな営業スタイルがあります。初めて勤めた美容室だけでは美容師として、または将来独立する時に不安があるのは当然です。

他の美容室の営業方法を知りたくてお店を変える方も多いようです。

人間関係

1日のうち多くの時間を費やす職場で、人間関係によるストレスが溜まるのはなかなか我慢が難しいでしょう。全てに不満がないというのも大変難しいですが、場合によってはストレスのために体調を崩してしまう方もいるようです。

職場を変えることは不利?

最初の美容室だけで美容師人生を終える方はまれです。
多くの美容師は何度か美容室を渡り歩くことになると思いますが、単に今の美容室が嫌だからという理由ではなく、今後の目標や予定があっての行動であれば、それほど転職することに問題はないと言えるでしょう。

ただしアシスタントなどの未熟な状態でお店を変えると、また一からテストを受け直さなければいけないということも考えられますので、転職はとても大変なことになるかもしれません。

仕事体験談