美容師のスタイリストで成功する人は?

まずは売上を上げること

美容師は、年功序列で立場が変わっていく仕事ではありません。

したがって出世をするためには、会社(美容室)に対してそれなりの貢献が必要になります。

貢献という点で最もわかりやすいのは、「売上」といえるでしょう。

売上を上げるためには、まずお客さまからの支持が必要になります。

自分の指名が増えれば増えるほど、相乗的に入客率も上がりますし、客単価も高まってきます。つまり、その美容室そのものの売上も上がるということです。

売上げが高い美容師の特徴

指名数が多い美容師、または指名数が伸びている美容師は、新しいお客さまを紹介していただく機会が多いようです。

紹介者を増やすためのテクニックもありますが、大前提として技術的に高いクオリティを維持できることと、お客さまに対して満足以上の感動的なサービスを提供できることが必要になってきます。

また、雇われてサロンで働く美容師は、サロン内の他の美容師の助けを借りながら仕事をすることが大切になります。

つまり社内での人間関係を円滑にでき、人として信頼されるスタイリストでなければ、同僚やお客さまから支持を得ることは難しいでしょう。

メディアへ出演して認知度アップする人も

メディアへの露出が増えれば、認知度が高まり、自然と指名が増えていきます。

有名店ではヘアカタログ掲載を定期的に行っているところもあります。最初はメンズのヘアカタログにスタイルを載せて、店内でのキャリアが上がっていくことで女性のスタイルへ移行していくのが一般的です。

美容師によってはその人のキャラクターを買われて、テレビへ出演することもあります。

テレビの影響は非常に大きく、場合によっては数ヵ月先の予約まで埋まってしまうこともあるようです。

本当に大切なことは何かを考える

大抵の美容師が、目の前の売上で自分や他人の評価を決めてしまいがちです。しかし、スタイリストとしての成功とは人それぞれ違うものです。

たくさんの人に支持してもらうことも大切な目標の一つですが、それだけでは長い美容師人生で満足は得られないでしょう。

また、給料をたくさんもらえるからといった理由だけで人からの支持を集めようとすると、いつか何らかの理由で必ず転落していきます。

目標を他人との比較のみで立てずに、自分なりの「成功」をよく考えることが何よりも大切です。

目の前のお客さまの髪をきれいに切って、気持ちよいシャンプーをして、笑顔になってもらいたい。そんな単純な気持ちこそが、最も大切なことだといえるでしょう。

そうすれば、おのずと世にいわれる「成功」がついてくるのではないでしょうか。

仕事体験談