美容師のプライベート

休みは平日

休日は月に約4日〜8日がとれますが美容師は通常、週末や祝日が休みになることがあまりありません。平日に休みを取ることになります。

お店によっては週末や祝日の有給は、冠婚葬祭以外許可しないところもあります。世の中の大抵の人は、週末が休日になっていますので時間が合わないことがあります。

例えばよくある悩みとして、恋人の休みと自分の休みが合わないということです。結婚している美容師も少なくありませんが、家族と過ごす時間が少ないという理由で退職する方もいらっしゃいます。

どうしてもプライベートを充実させたい場合は、スタイリストになってから業務委託で仕事をするか、独立をして経営側にまわり時間を自由に使えるようになる必要があるでしょう。また、パートタイムで就労する場合はこれに限りません。

オフィス街などの美容室はごく稀に日曜日を定休日としているところもありますので、どうしても週末に休みが必要な方は探してみるのもいいかもしれません。

休日・休息の必要性

美容の業界はまだまだ古い考えが浸透しています。休みなく働くことが美徳として未だ残っていますが、休日は自分の時間に充てるよう心がけましょう。

特にアシスタントの時代や、スタイリストになったばかりの時はやる気と体に残る疲労がアンバランスになり、体調を崩してしまったり、時には入院してしまう人もいます。

体調不良でサービスがおろそかになってしまったり、練習ができなくなってしまっては本末転倒ですので、講習会や個人練習も良いですが十分に体調の管理をするようにしましょう。

仕事体験談