美容師の勤務形態、勤務時間

勤務時間と拘束時間

美容師の勤務時間に限らず、全ての職種には労働基準法で制限がなされています。基本的には1日8時間、週40時間とされ(特例などあり)休憩時間なども必ず取ることができるように法で定められています。

ただし現実には、労働基準法をしっかりと守ることができている美容室は少なく、社会問題に発展しているのが現状です。

また、労働時間ではなく技術向上のための残業も半強制とする美容室もあり、就労規約で明記されている労働時間と、実際の拘束時間が異なる美容室も多いようです。

勤務以外の時間の使い方

お客さまが店内にいる場合は、なかなか技術向上のための練習ができません。

会社によっては、トレーニング専用のブースやスタジオを所有していて、1日のうち数時間、勤務時間内に練習する事ができる美容室もありますが、このような措置はごく稀です。

ほとんどの美容師は営業終了後、技術の向上のための時間を作ったり、その技術を後輩に教えるため、無給で残業をしています。

練習内容によっては休日を返上して練習する事もあり、その場合は当然スタイリストも講師として時間を拘束される事になります。

勤務時間の捉え方

営業時間の前後一時間は少なくとも勤務時間になると考えてよいでしょう。

ただし、契約の仕方次第ではパートタイムや、面貸しなどのフリーランスで働くことも可能ですので、スタイリストであれば勤務時間を自分で設定したいという方はお店と交渉するのも可能です。

もちろん、そのお店にとって必要とされる人材にならなければいけないので、見習いやアシスタントの期間は、交渉することは難しくなります。

また多くの美容師は休みを使い、アートに触れる時間を増やしたり、人脈を広げる努力をしていますので、人生そのものを美容に捧げているという見方もできます。

仕事体験談