管理美容師とは?

管理美容師とは

美容師の資格を調べていると、しばしば見かけることになる「管理美容師」の文字。

「美容師法第12条の3」により、「美容師である従業者の数が常時2人以上である美容所の開設者は、当該美容所を衛生的に管理させるため、美容所ごとに、管理美容師を置かなければならない」とされています。

つまり、美容師が一人だけで営業する場合以外は、すべての美容室が「管理美容師資格取得者」を一人以上美容室に置かなければいけないということです。

一見、難しく聞こえるかもしれませんが、美容師として働く人にとっては身近な資格であるといえるでしょう。

管理美容師になるには

管理美容師は、「美容師の免許を受けた後3年以上美容の業務に従事し、かつ、厚生労働大臣の定める基準に従い都道府県知事が指定した講習会の課程を修了した者でなければならない」と規定されています。

資格を得るための講習課程は、公衆衛生が4時間、美容所の衛生管理が14時間となっています。講習は年に2回開催され、3日間にわたり受講するのが一般的です。

開催時期に関しては都道府県や地域によって毎回異なっているため、確実に調べる必要があります。

また、応募期間が1週間程度など短い場合が多く、都心などは早めに定員に達することがあるため、注意が必要です。

管理美容師の必要性

管理美容師は、世の中にたくさんいる美容師免許取得者のなかでも、美容業務が衛生的に遂行されるように管理する役目を担います。

実際、すべての美容師が管理美容師になるわけではありませんが、もし将来独立して店を出し、他の美容師を雇う場合には、自らが管理美容師としての資格を取得することになる可能性が高いはずです。

美容業を営むうえで、衛生管理や公衆衛生の知識を身につけることは大変重要です。さらに独立を視野に美容師をやっている場合には、ゆくゆく管理美容師になるための勉強もする必要があるでしょう。

仕事体験談