美容師の正社員以外の働き方

さまざまな働き方ができる

美容師はハードな仕事といわれることも多く、早い段階で離職する人も少なくありません。

また、結婚や出産などを機に美容室で一度働くことを辞めざるを得なかったり、シャンプーによる手の肌荒れがひどくてどうしても美容師を続けられなかったという人もいます。

しかし、美容師に戻るチャンスはいくらでもあり、働き方次第ではその人に合った美容人生を送ることが可能です。

ここでは、美容師の正社員以外の働き方について紹介します。

派遣として働く

派遣会社のなかでも、美容師の派遣に特化したサービスを手掛ける会社があります。

そのような会社に登録すると、アシスタントでも、スタイリストになっていたとしても、全国のさまざまな美容室に派遣されて働くことができます。

派遣の給料形態は時給であることが多く、アシスタントでは800円~1200円くらいが相場、スタイリストであれば1000円~1400円くらいが相場となっているようです。

派遣で働くメリットとしては、休憩時間がはっきりとしていたり、時給分の給料が保証されていたり、8時間以上の労働が必要ないといったことが挙げられます。

また、個々が持っているスキルについては派遣会社に伝えて登録しておくことができ、美容室側から技術アップのための練習を強制されることもなく(もちろん希望があれば派遣会社やサロンで練習可能です)、正社員よりも仕事とプライベートを分けやすくなります。

パートとして働く

家庭のある美容師や、子どもが小さな美容師など、時間の自由がきかない場合にはパートタイムで働くこともできます。

大型店はなかなか雇用してもらうのが難しいですが、個人店は随時募集しているところもあり、勤務時間や給料等はお店のオーナーと相談して決めることが可能です。

どうしても大型店で働きたい場合は、レセプション(受付)としてアルバイト契約することもできます。

レセプションであれば美容師免許もいらず、美容に関しての知識も普通は必要とされません。

レセプションは多少拘束時間が長くなることがありますが、給料は時給制であることが多く、働いた分だけ反映されます。

業務委託として働く

特定の時間だけ美容室のセット面を間借りし、自分が抱えている顧客に施術を提供するといった働き方もできます。

この場合は業務委託契約になり、書類上は個人事業主となります。

業務委託のメリットとしては、働く時間を自由に決めることができることと、売上の60パーセント~100パーセント程度がもらえるという高配当にあります。

ただし、間借り時間や施術で使う材料に対して、利用したサロンに費用を支払う必要があるケースも存在します。

仕事体験談