派遣の美容師

派遣の美容師とは

美容師というと、企業や店舗に雇用されて、その店舗の専属スタッフとして働くスタイルが一般的と思われがちですが、なかには「派遣」の形で働く人も存在します。

派遣の美容師はオフィスワークなどの派遣と同じように、まず派遣会社に登録したうえで、派遣美容師を求める店舗に派遣されて仕事をしています。

この派遣という働き方は、何らかの理由で正社員として、あるいはフルタイムで働くことが難しい美容師にとって、仕事を無理なく続けるための選択肢のひとつとなっています。

また、一つの店舗に留まらずに、短期間でさまざまな美容室での勤務を経験してみたいと考える美容師が、あえて派遣で働くことを選ぶケースもあるようです。

美容室側にとっても、人手が足りなくなったタイミングや繁忙期だけ、派遣を利用して人手を確保できるといったメリットがあります。

派遣の美容師として働くには

派遣の美容師として働くための流れは、一般的なオフィスワークなどの派遣の場合と似たようなものとなります。

派遣での働き方を希望する美容師は、まず美容師派遣サービスを手掛けている派遣会社に応募し、自分のスキルや経歴、希望の勤務条件などを登録します。

その後、派遣会社がマッチングを行い、派遣先と求職者双方の希望に見合う案件が発生した場合に仕事の案内がきて、問題がなければ派遣先で働くという流れになります。

なお、派遣といっても、美容師としてお客さまに対して施術をするには美容師免許が必須となることには注意が必要です。

また、経験やスキルがどの程度求められるかは、案件によって異なります。

派遣美容師の特徴としては、時給が比較的高めに設定されているケースが多いことです。

地域などにもよりますが、時給1,200円以上が一般的であり、高ければ1,900円程度もらえる場合もあるようです。

ただし、1日の勤務時間が短く限定されていたり、週に2~3日程度しか働けなかったりすることがあります。

仕事体験談