美容師と理容師の違い

形式上の違い

美容師と理容師ではそもそも国家資格が違います。当然それぞれできる範囲も変わってきますが、よく話題になる違いとしては「顔剃り」が取り上げられます。

理容師免許では顔剃りが認められていますが、美容師免許では「メイクをするにあたって必要な施術」としてしか顔剃りが認められていません。

目的/特性の違い

美容師法により「『美容』とは、パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により容姿を美しくすること」となっています。一方で、理容師法では、「『理容』とは、頭髪の刈込み、顔そり等の方法により容姿を整えることとされています。

つまり目的として「美しくする」のか「整えるのか」という違いがあります。他の言葉として例えると、美容は「お洒落」で理容は「身だしなみ」と言えるかもしれません。

美容師と理容師の活躍の場

2012年現在、美容室は全国22万店舗以上とされており、理容室は13万店舗以上と言われています。(厚生労働省健康局生活衛生課調べ)

また美容師はTVなどの広告、ブライダル、ファッション業界での活躍も期待出来ますので、通常のサロンワークも含め、活躍できる場所が多いのは美容師であると言えます。

ただし理容室は特定の(特に男性)需要や、最近ですと駅前1000円カットなどがありますので、一概に美容室での求人が多いとは言えませんし、生活の安定も美容師の方があるとも言えません。

ビジネスとして捉えるとどちらも可能性のある職業ではありますが、ファッションや女性のライフスタイルに興味がある方は、理容師よりも美容師の方がよりたくさんの機会に恵まれるでしょう。

仕事体験談