美容部員の志望動機

「メイクが好き」だけでは厳しい

美容業界で働く「美容部員」というと華やかなイメージがあり、若い女性が憧れる職業のひとつでもあります。

とくに日頃から化粧品に興味があって、ファッション誌のメイク特集やヘアメイクの雑誌をよく読んでいる人にとっては、「自分もメイクを仕事にしてみたい!」「仕事を通してたくさんの化粧品を扱ってみたい!」という憧れを抱きやすいのではないでしょうか。

しかし、「メイクが好き」という思いは、この職業を目指す志望動機としてはあと一歩足りません。

接客や販売に携わる自覚を持つ

それというのも、美容部員というのは、メイクアップアーティストではなく、あくまでも「化粧品販売のスペシャリスト」だからです。

もちろん、美容部員として働くうえでは、化粧品に対する興味関心が不可欠ですし、メイクのトレンドや美容情報を得ることも大切です。

しかし、それ以上に大切なのは、「人と話すのが好き」「人にアドバイスするのが得意」「誰かを喜ばせる仕事がしたい」といった接客業への興味や関心です。

美容部員は「美容」という面からお客さま一人ひとりに深く関わっていく仕事であるため、この心を深く持っていなければ、この業界でやっていくことは難しいでしょう。

美容部員の面接では、こういった側面を理解したうえで志望動機を考えていくことが大切です。

特定の化粧品メーカーを受ける場合

百貨店やドラッグストアの美容部員ではなく、特定の化粧品メーカーの専属の美容部員の試験を受ける場合は、企業研究をしっかりして面接に臨みましょう。

その化粧品メーカーが出している商品のシリーズや最近のCM、ポスターなどについても情報を仕入れたうえで、自分なりの意見をいえることが大切です。

できれば、実際にたくさんの化粧品を試してみて、お気に入りの化粧品をいくつか見つけておきましょう。

そして、その商品の魅力や使用する上で自分が工夫しているポイントなどを語ることができると、その化粧品メーカーの美容部員への志望の本気度が伝わりやすくなります。

店舗の美容部員として働く場合

百貨店やドラッグストアの化粧品売り場のいちスタッフとして美容部員の役目を担う場合には、化粧品メーカーほどは厳しく志望動機が問われないこともあります。

しかし、「なぜ化粧品販売がしたいのか」という思いをしっかりと持ち、伝えられるようにしておくことは大切です。

接客業の一種であることを認識したうえで、この仕事への熱意を自分の言葉で語れるようにしたいものです。