弁護士の現状と将来性

弁護士人数の増加

日本では、弁護士の絶対数が少なく国民が十分な法的サービスを受けられない、という問題がありました。その解決のため、裁判の効率化や法曹界の人員を増やす司法制度改革が行われ、弁護士の数は毎年増加しています。

一方で弁護士の数が増えた結果、自分の就職したい事務所に就職できず、いきなり独立開業を余儀なくされる弁護士もいます。

とくに都市部では、弁護士が飽和状態に近づいているといわれ、弁護士事務所への就職も厳しくなっているようです。

また、就職できた後の待遇についても、以前より悪化しているともいわれています。

地方ではどうかというと、就職に関しては都市部より容易かもしれません。ただし、もともと事件の数が限られていたり、都市部に比べ不利な要因があります。

条件の良い、みんなが希望するような就職先は、競争が激しくなっているでしょう。

弁護士の将来性

弁護士の数はこれからも増え続けるのは確実です。そうなった場合、仕事が減って職業として成り立たなくなるのではないでしょうか。

これにはいろいろな考えがあります。以前ほど簡単に弁護士業を行えなくなったのは確かです。

ただ、それは今まで競争がほとんどなかったため、スキルアップの努力をあまりしていないというのも一因です。

他の職業と同じように、資格を取った後も研鑽を積み自分のスキルを高めていく、というある種当たり前のことをおこなう必要があります。

また、今まで弁護士が活躍していなかった分野でこれから活躍できる分野を自ら開拓することも考えられます。

たとえば、株主総会は以前なら、総会屋と呼ばれる人たちが取り仕切っていました。しかし、現在では弁護士が関わって企業に法的アドバイスするのが一般的です。

自らの工夫次第で仕事の幅は広がるはずですですし、他の弁護士に比べ優れていれば多くの仕事を得ることができるでしょう。

弁護士という資格に安住せず新しい道を自ら切り開いていけば、まだまだ将来性の高い仕事といえます。