ベビーシッターになるには

特別な勉強や資格は必要?

ベビーシッターは、特別な資格が求められる職業ではありません。また、保育士や幼稚園教諭とは異なり、特定の専門学校や大学等を出ていなくても、ベビーシッターと名乗り、仕事をすることは可能です。

しかし、いざ仕事として保育に関わっていくのは、そう簡単なことでもありません。

そこで、保育士の資格や幼稚園教諭の免許状を取得していたり、ベビーシッターの民間資格である全国保育サービス協会の「認定ベビーシッター資格」を取得していると、ベビーシッターとしての就職先を探すときに有利になったり、お客さまからの信頼も集めやすくなります。

ベビーシッターの資格(ベビーシッター資格認定試験)

また、子どもの急な体調変化があった場合に備えて、「看護師」の国家資格を持つ人も優遇されることがあります。

ベビーシッターの就職先は?

ベビーシッターは、正社員としての募集はあまり多くないのが実情であり、大半は「アルバイト・パート」か「契約社員」として働いています。

多くの場合、まずはベビーシッターサービスを派遣する会社に応募し、自分が希望する勤務条件を伝え、スタッフ登録を行います。

その後、条件に見合う仕事が入れば会社から紹介を受けて、お客さまの家庭に向かうといった形で働くことになります。

一方、数はあまり多くありませんが、民間の保育所や企業内託児所に就職し、正社員あるいは契約社員として働く人もいます。

働く女性が増えている都市部ではベビーシッターのニーズが高まり、仕事が比較的豊富にあるとされていますが、地方でベビーシッターを募集しているところはあまり多くないようです。

ベビーシッターに求められる能力

まず「子どもが好き」であることが大切です。しかし、ただ「かわいい」と思うだけでなく、「大事な子どもを守る」という責任感を持てる人であることが求められます。

また、仕事ではさまざまな個性を持つ子どもの面倒を見ることになるため、明るく、やさしく、親しみが持てるタイプの人が望ましいでしょう。

その他、ベビーシッター会社での就職試験や、スタッフ登録の際の面接では、下記の点について確認されることがあります。

資格の有無

資格はなくても働けますが、保育士・幼稚園教諭、看護師などの資格があると有利です。

子育て経験、集団保育経験

ある人の方が有利といわれていますが、努力や熱意次第では、経験がない人も活躍しています。

喫煙の有無

タバコを吸わないことは、重要視されます。

ペットを飼っている・飼っていない

ペットを飼っている場合、依頼主がアレルギー体質の人の場合には断られます。

ただし、ペットの扱いに慣れている人の場合、ペットを飼っているご家庭から依頼される機会が増えることもあるようです。

ベビーシッターの現状と今後の見通し

共働きの家庭が増えている中で、保育園や幼稚園不足による待機児童の問題はまだ解決されておらず、子どもを安心して預けることができるベビーシッターの需要は増大しています。

また、幼児教育熱が高まっており、「一人ひとりの子どもに合った教育を受けさせたい」と考える保護者も増えています。

「育児経験がある」というだけでなく、教育に関する専門知識や英語力や楽器演奏など特殊技能を持ったベビーシッターは、これからさらに需要が伸びていくものと考えられます。