男性のベビーシッター

女性が主力の業界

ベビーシッターを含む保育業界は女性が圧倒的に多いのが大きな特徴です。

シッティングを行う事業所の中には男女比が9対1というところも珍しくありません。

男性シッターが在籍していないというところもあるほどです。

また、男性保育士、男性幼稚園教諭の割合も全体の10%にも満たないのが現状です。

需要高まり増加傾向に

それまでの「保母」という呼称が「保育士」に変わったこともあり、男性の保育従事者は増加してきています。

育児は女性のものという昔からのイメージが根強いのも事実ですがそもそも子育ては男女が協力して行うもの。男性にしかできない育児もあるのです。

「イクメン」という言葉にも象徴されるように男性の育児参加は今後もどんどん推奨されていくことは間違いありません。

人気の高い男性シッター

男性のベビーシッターを是非頼みたいと考える利用者は意外にも多数存在します。

体力面での強みがある男性シッターは子どもへのアプローチも非常にアクティブ。

特にやんちゃざかりの男の子の保育の依頼を受けることが多くなるようです。

母親には見せない一面を男性シッターには見せられる、という側面があるのも人気の理由の一つです。

オプションも充実

男性ベビーシッターを頼むメリットとして力仕事や機械の配線といった女性が苦手とする家事の代行もオプションとして頼むことができるということが挙げられます。

もちろんメインのシッティング業務に支障をきたさない範囲の軽いものになりますが、働く女性にとっては嬉しいポイントとなっています。

資格は持っていた方が良い

男性ベビーシッター人気が高まる反面、100%の信頼を置ききれないと考える利用者が一定数いるのも事実です。

これを払拭するには専門資格の所持が有効です。

事業所の中には無資格の男性シッターは登録不可とするところもあります。女性に比べて採用のハードルが高いことは否めません。

清潔感を大切に

たとえば無精ひげに散髪されていない頭髪のシッターが現れたら利用者の不信感は高くならざるを得ません。

見た目が全てではないとはいえ、これはどのような仕事でも当然のことです。

特に大切な子供を預かり保育するベビーシッターを含む教育関係の職業従事者にとって清潔感は必ず持っておくべき大切な要素の一つ。

利用者にあらぬ不信感を持たれないためにも特に気を使うようにしましょう。