アロマセラピスト向いている人、適性

アロマセラピストに向いている人

アロマテラピーが好き

アロマセラピストという仕事は、収入面では一般的な事務職よりも低いことが多く、好きでなければ到底続けることはできません。

アロマテラピーに興味があることはもちろん、アロマテラピーのことをもっと知りたい、アロマテラピーを使って人を元気にしたい、きれいにしたい…。

アロマセラピストには、このような「好き」という思いと熱意があることが第一だといえるでしょう。

繊細で思いやりがある

日本では、アロマテラピーは医療行為ではなく、リラクゼーションの一種としての行為です。

人それぞれが持つ「緊張や疲れを取りたい」「落ち込んだ気持ちをどうにかしたい」といった原因のはっきりしない悩みをくみ取り、香りの好みを把握したうえで、よりしっくりくる選択や調合を行う必要があります。

それだけ、相手を思いやる気持ち、繊細な感覚がある人でなければ、アロマセラピストとして活躍することは難しいかもしれません。

責任感がある

実際に施術を行う時には、相手はアロマセラピストを信頼して体を任せてくれます。その信頼に応え、より効果を引き出すために精一杯の力を尽くして施術を行わなければなりません。

アロマセラピストには、相手の体や心に対する責任感を常に持って接することが求められます。

アロマセラピストに必要なスキル

植物性香油は300種類にも及ぶといわれています。それぞれの香りの効果効能や、調合した時の相性など、求められる知識は多岐にわたります。

また相手の顔や体に直接触れて施術を行う場合は、皮膚の構造や血液・リンパの流れ、ツボや反射区といったエステティックの知識も必要になってきます。

技術面では、相手が心地よさを感じるマッサージ術などを、実践を重ねることによって習得しなければなりません。

こうした知識や技術の証明として、「アロマテラピーインストラクター」などの資格があります。資格取得へ向けてしっかり鍛錬を積み、充分なスキルを習得することが必要不可欠なのです。