アロマセラピストのつらいこと、大変なこと、苦労

認知度が低い

近年、雑貨店などでもアロマランプやお香などのアロマグッズが人気を集め、一般消費者の間でもアロマテラピーの香りが持つリラクゼーション効果が認められてきています。

しかし、香りのプロフェッショナルであるアロマセラピストは民間資格ということもあり、知名度が低く社会的な地位が確立されていないのが現状です。

リラクゼーションや美容系のサロンなどにおいても、マッサージやエステティックなど直接体に働きかける施術の方が重視され、香りは二の次の扱いを受けることも多々あります。

この認知度の低さは雇用機会の伸び悩みにもつながり、一般的な事務職と比較して低賃金であるという弊害も招いているようです。

長続きしない、転職が多い

アロマセラピストという職業は低賃金に加え、立ちっぱなしであることが多い点、シフト制で土日に休めないことが多い点、女性だけの職場ということで人間関係の摩擦が生じやすい点などの問題も抱えています。

20〜30代の若い社員が中心のため、結婚や出産を機に退職する人も後を絶ちません。

また独立してフリーランスになる人もいますが、独立後の数年間は設備投資や顧客獲得のための費用などの出費がかさみ、安定した収入は見込むことができないケースがほとんどです。

資格取得スクールの問題点

アロマセラピストの検定・資格のうち、初級者向けの「アロマテラピー検定」は独学で充分パスすることができる比較的容易な検定です。

これに対し、「アロマテラピーアドバイザー」「アロマテラピーインストラクター」などの上級者向けの資格は実技の訓練をせずに合格することが難しいため、取得を目指すほとんどの人がスクールに通います。

また、資格取得後の就職先の第一候補に選ばれるような本格アロマテラピーを行う企業や店舗は、これらのスクールと提携していることが多く、提携スクールの卒業生の中から採用を決める傾向にあります。

このような資格認定法人=提携スクール=提携企業の関係性を問題視する意見も持ち上がっています。