副業、兼業としてのアロマセラピスト

他の仕事をしながらアロマセラピストを目指す

相手に合った植物性香油を選んだり、マッサージやトリートメントなどの施術を行うアロマセラピスト。

アロマセラピストは民間の資格ですが、取得していると知識やスキルの証となるため、副業や兼業でアロマセラピストを目指す人ならぜひ取得しましょう。

といっても、「アロマセラピストになりたい!」と、いきなり現在の仕事を辞めて勉強を始める必要はありません。

民間の資格にはさまざまありますが、初級クラスは筆記試験の場合が多く、アロマテラピーに興味があり趣味レベルの知識がある人なら、テキストを購入して独学で知識を習得することができるでしょう。

中級、上級クラスの資格になると独学では厳しいかもしれませんが、資格取得のためのスクールは社会人のためにさまざまな時間帯のクラスを設けていることが多いのが特長です。

仕事を続けながら、アフターファイブや休日を利用して、資格取得のための知識やスキルを身に付けることは充分可能です。

他の仕事とアロマセラピストを兼業する

無事に資格を取得できれば、「認定アロマセラピスト」としてトリートメントを行ったり、アロマエッセンスのアドバイスをしたりすることができます。

美容サロンやアロマ専門店などへの転職を望まないなら、他の仕事を続けながらお客さんの予約が入った時だけアロマセラピストの仕事をする方法がおすすめです。

自宅の一部をプチサロンのようにリフォームしたり、お客さんの自宅に訪問しても簡単なアロマトリートメントなら施術することが可能です。

独立開業には設備投資や顧客集めなどの課題が山積みで、企業に守られていない分、安定するまでは茨の道だといえます。

その点、兼業から始めて、軌道に乗ってきたら専業にするという方法なら、リスクが少ないといえるでしょう。

お客さんとのコミュニケーションさえ取れれば、空いた時間に予約を入れることができるため、子育て中のお母さんが主婦と兼業する場合にも向いています。