アナウンサーのやりがい

自分の声で、大勢の人に有益な情報を届けられる

アナウンサーは自分の声を使い、さまざまな情報を人々に届ける仕事です。

テレビ番組やラジオ番組など、大勢の人が見たり聞いたりするものに出演するため、影響力は大きく、「自分の仕事が人の役に立っている実感」も味わえ、かなりのやりがいを感じられるでしょう。

注目を浴びる仕事なだけにプレッシャーを伴いますが、番組の収録や生放送を無事にやりきったときには、いつも大きな充実感が得られます。

視聴者から「○○さんの声が好きです」「○○さんがテレビに出ていると元気になります」などの反応があると、もっとがんばろうという気持ちになれます。

変化のある毎日が過ごせる

アナウンサーの仕事は、毎日が変化の連続です。たとえば情報番組ひとつとっても、原稿の内容ごとに「視聴者にわかりやすく伝えるにはどうすればよいだろうか?」ということを考える必要があります。

また、ただ原稿を読むだけではなく、制作スタッフと一緒になって、視聴者に「わかりやすい」「面白い」と思ってもらえる番組を作り上げることも大事な役割です。ものを作り上げていく喜びも味わえます。

勤務時間は長くなりがちで、時間に追われながら目まぐるしく毎日が過ぎていきますが、アナウンサーは今日と明日でまったく同じ仕事をするということはありません。

変化を求めたい人にとっては、飽きることなく仕事を続けていけるでしょう。

たくさんの人と出会える

アナウンサーは、タレントなどの共演者、取材相手、番組制作スタッフなど、日々たくさんの人と一緒に仕事をします。

人から学ぶこと、新たなことを知る機会も多く、仕事を通して自分自身の価値観や視野が広がっていきます。

出会いの機会が多い分、多様な分野で活躍するプロフェッショナルとの人脈を作れるのも仕事のいいところです。

「次はどんな人と出会えるのだろう」というワクワク感を持ちながら、前向きに仕事をすることができます。