自分の声を生かす仕事の種類(10選)(読了時間:6分46秒)

世の中には、たくさんの人を惹きつける美しい声を生かして仕事をしている人たちがいます。

歌を歌ったり、演技をしたり、原稿を読んだりと、自分の声を生かせる仕事は多種多様ですが、なかには厳しい訓練が必要だったり、第一線で活躍するために下積み時代を経験しなくてはならなかったりするものもあります。

ここでは、そんな自分の声を生かして働ける職業や仕事を紹介していきます。

表現者として活躍できる仕事

まずは表現者として舞台に立ったり、人前で演奏をしたりする職業を紹介していきましょう。

歌手」は、ロック、ポップス、ジャズ、クラシックなど音楽の歌を歌う人のことをいいます。

作曲家などの音楽家たちが作った曲を自分の歌声で表現し、人々に感動や喜びを与えます。

そのような歌い手のなかでも、自身で作詞作曲をして歌を歌う人は「シンガーソングライター」と呼ばれます。

自分の思いやアイデアをメロディーや詞にのせることができ、自らピアノやギターなどの楽器を演奏しながら歌う、弾き語りをする人も多くいます。

声楽家」は、クラシックの歌曲やオペラを歌い、オペラやコンサートの舞台で披露する音楽家を意味します。

正しい発声方法に基づく圧倒的な歌唱力をはじめ、歌曲やオペラで使われる英語やドイツ語、イタリア語、フランス語などの外国語の発音も上達させる必要があります。

また、アニメや映画の吹き替えなどで活躍している「声優」も、表現者の一人だといえるでしょう。

登場人物の声を吹き込んでいくことがおもな役割ですが、それ以外に、ラジオドラマ、アナウンス、ドキュメンタリーのナレーションなどの分野で活躍する人もいます。

歌手

歌手とは、ロック、ポップス、ジャズ、クラシックなど音楽の歌を歌う人のことをいいます。

作曲家や作詞家編曲家といった音楽家たちが作った曲を自分の歌声で表現し、人の心に楽しさや感動、喜びなどを届けます。

このほか、自ら作詞作曲をする歌手や、楽器を演奏しながら弾き語りをする歌手などもいます。

普段はライブやコンサート出演、CDのリリース、テレビ・雑誌などのメディア出演などを行うことが多いですが、より良い声を求めて継続的な発声練習やボイストレーニングなども欠かしません。

シンガーソングライター

シンガーソングライターは、歌手のなかでも、基本的にポピュラー音楽(大衆音楽)の分野において自身で作詞作曲をし、歌を歌う人のことをいいます。

自分の想いやアイデアをメロディーや詞にのせて曲として完成させていき、歌声を使って存分に表現します。

ピアノやギターなどの楽器を奏でながら弾き語りのスタイルで活動をするシンガーソングライターも多くいます。

シンガーソングライターの場合、ただ歌を歌うことが好き・得意というだけでなく、自分の世界観を音楽を通して世の中に伝えていきたいという思いが求められます。

声楽家

声楽家とは、おもにクラシックの歌曲やオペラを歌い、オペラやコンサートの舞台で披露する音楽家を意味します。

楽器を使用した音楽(器楽)とは異なり、「人の声」を中心とした音楽を奏でていくのが声楽家です。

正しい発声方法に基づく圧倒的な歌唱力を身につける必要があり、体全体で歌のイメージを伝える表現力も求められます。

また、歌曲やオペラは外国語で歌われることが多いため、外国語の発音などの勉強もする必要があります。

声優

声優は、アニメなどのキャラクターや映画(外画)の登場人物の吹き替えのために声を吹き込む仕事です。

録音スタジオで映像を見ながら、自分が担当するキャラクターが話す際に声を当てていきます。

アニメや映画以外に、ドキュメンタリーのナレーション、ゲームのキャラクターボイス、テレビ・ラジオのナレーションなどの分野で活躍する声優もいます。

声だけで演じる表現力に加え、特徴的な声を持っていたり、さまざまな声を使い分けることができたりすることが求められる仕事です。

テレビやラジオで活躍できる仕事

テレビやラジオの世界では、声を生かす職業に就く人が大勢活躍しています。

アナウンサー」は、ニュース番組などに出演し、事件をはじめとするさまざまな情報について言葉を使って人々に伝える仕事です。

原稿を読むことがおもな仕事内容ですが、発声や抑揚、テンポなどにも気を付け、初めてその情報を耳にする視聴者が、すぐに内容を理解できるように読み上げなくてはなりません。

ラジオパーソナリティ」は、ラジオ番組で話をしながら司会・進行に携わる仕事です。

デイレクターや放送作家と放送内容の打ち合わせを行ったうえで、天気や交通などさまざまな情報を伝えたり、音楽を流したり、ゲストを迎えてトークをしながら番組を滞りなく進行させていきます。

ナレーター」は、ドキュメンタリーやドラマ、ニュース番組などで、ナレーション(解説や語り)を入れる仕事です。

その番組の雰囲気に合うような声のトーンや間の取り方を考えながら、音声による演出を手掛けていきます。

「司会」は、各種イベントやトークショー、冠婚葬祭、ディナーショーなどの場で、進行役を担う仕事です。

事前にイベントの構成やタイムスケジュールを把握し、場の様子を見ながら雰囲気を盛り上げたり、時間内に予定している内容がきちんと終わるように話を進めていきます。

また、司会と同じような仕事に「MC」があります。

MCはイベントや舞台のほか、テレビ番組などで司会進行役を務め、必要に応じて場の空気を変えたりお客さまを楽しませたりします。

アナウンサー

アナウンサーとは、世の中にあふれるさまざまな情報について「言葉」を使い、人々にわかりやすく伝える仕事です。

ニュース番組や天気、スポーツの実況中継などを手掛け、適切な言葉を用いながらテレビを通して正しい情報を伝えていきます。

ただ決められた原稿を読むだけではなく、初めてその情報を耳にする人が理解しやすいよう、抑揚をつけたりテンポを工夫したりしながら発声する必要があります。

場合によっては司会役やレポーターなどを務めることもあります。

ラジオパーソナリティ

ラジオパーソナリティとは、ラジオ番組で話をしながら司会・進行役を務める人のことをいいます。

デイレクターや放送作家と番組内容について事前に打ち合わせ、番組内で交通・天気といったさまざまな情報を発信したり、音楽を流したり、ゲストを迎えて話をしながらリスナーを惹きつける番組を作り上げていきます。

声だけで番組を進めていくため表現力や臨機応変さが必要になるほか、ゲストとテンポの良い掛け合いができるように、場の状況を読みながら機転を利かせていく力も求められます。

ナレーター

ナレーターとは、テレビ番組やDVDコンテンツ、ラジオ局などで映像に合わせてナレーション(解説・語り)をする仕事です。

テレビ番組ひとつとっても、ドラマ、ドキュメンタリー、バラエティ、ニュースなど、多種多様な番組でナレーションが必要とされています。

事前に渡された台本を読みながら声を入れていきますが、生放送の場合は修正が効かない一発勝負になるため、とくに入念な準備と打ち合わせが必要とされます。

その番組の雰囲気に合うような声のトーンや間の取り方を考えながら、音声による演出を手掛けていきます。

司会

司会は、各種イベントやトークショー、冠婚葬祭、ディナーショーなどの場で、進行役を務める仕事です。

事前にイベントの構成やタイムスケジュールを把握し、目の前にお客さまがいる場合には、様子を見ながらその場の雰囲気を盛り上げたり、演出に貢献したりします。

イベントの種類や内容に応じて声のトーンを調整したり、抑揚をつけて言葉を発したりする工夫が求められます。

決められた時間内に、予定した通りにイベントが進んでいくように場を取り仕切る重要な役割を担っています。

MC

MCは、イベントや舞台のほか、テレビ番組などで司会進行役を務める仕事です。

事前に台本やタイムスケジュールなどは渡されますが、MCにとって大事なことはその場の雰囲気を瞬時につかみ取り、臨機応変に話を切り替えたり、場の空気を変えてお客さまを楽しませたりすることです。

きれいな声を持っているだけではなく、機転を利かせて立ち回れるようなタイプの人が、MCとしてさまざまな場所で求められています。

良い声の出し方を指導する仕事

もっと良い声が出せるようになりたい、歌が上手になりたいと考える人たちに、正しい発声方法や歌の指導などをするのが「ボイストレーナー」という仕事です。

ボイストレーナーは正しい発声の知識を持ち、相手の理解度に合わせてわかりやすく指導する力が求められます。

自ら生徒に手本を見せることもあるため、歌手や声楽家としての活動をしながらボイストレーナーの仕事をしている人もいます。

ボイストレーナー

ボイストレーナーは、発声や歌唱などのボイストレーニングの指導をする仕事です。

ボイストレーニングを受ける生徒は、クラシック系の声楽家やポピュラー系の歌手の志望者のほか、俳優タレント・声優・アナウンサー・ナレーターなどを目指していたり、カラオケが上達したいと考えるような人までさまざまです。

ボイストレーナーに求められるのは、自らが正しい発声の知識を持っていることと、わかりやすく指導する力を備えていることです。

生徒に手本を見せることもあるため、歌手や声楽家としての活動をしながら副業として音楽学校の講師を務めたり、個人レッスンなどを開いてボイストレーナーの仕事をしている人もいます。

今回紹介してきた職業は、たとえ生まれ持った特別な美声がなかったとしても、日々の訓練や努力によってなれるものもたくさんあります。

ただし、職業によっては「声がきれい」ということ以外に、演技力や臨機応変さといった別のスキルも求められることがあるため、目指していきたい職業があったら、その仕事についてぜひ詳しく調べてみてください。

職業カテゴリー